スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭りシーズン到来@ネパール

今日、ネパールはティージですね。
ティージとは既婚女性は旦那様の健康を、
未婚女性は良き旦那様に巡り合えるようにお祈りをするという女性のお祭りです、たぶん。
(↑説明が間違ってたらごめんなさい。)

この間、女性はプチ断食をするのです。
プチ・・・というのは完全な断食ではないから。

私がネパールに長期滞在していたときに
アマ(=お母さん)とバヒニ(=妹)がやってた断食は
前日の夜中にこれでもかってほどにたらふくご馳走を食らい、
当日は肉や塩を使ったもの以外は食べてもよいとのことで
果物(特にバナナ)と食パンをこれまたモリモリ食べており、
ガイジンの私には「これって断食?」って思わせるものでした。(笑)
しかも食パンって塩入ってますよね?確か。

そしてこの日はあちこちのお寺に赤いサリーやクルタ・スルワールを着た女性が集まり、
(ネパールの既婚女性は赤いものを用いる習慣があり赤が大好きなので、
ここぞ!という時にはだいたい赤いサリーを着ることが多いです。)
参拝の長蛇の列を作りつつ、歌ったり踊ったりするのです。
私は当時まだ結婚前だったこともあり、参加しませんでしたけど。

ネパリの嫁として旦那の国であるネパールの習慣や文化には多少なりとも興味はあるものの、
特にヒンドゥー教の行事にヒンドゥー教でもなくヒンドゥー教に思い入れもないガイジンの自分が
それをするのはヒンドゥー教を信じて止まないアマ(=お母さん)に失礼なのではないか?
と思えてしまって、ちょっと気が引けるところがあります。
特にアマはネパール人の嫁となったらヒンドゥー教を信仰するものだと思い込んでいるので、
余計に・・・ねぇ。
そもそも私には宗教を信仰するという概念さえも薄っぺらいですし・・・。

もちろんネパールで同居することになったらやることだけはやりますよ、頑張って。
でもそれはアマのためであって、やっぱり宗教行事自体には心は入ってないし、入れられない。
それでもいいんなら、頑張ります!
まぁ、この辺のところはガイジンの嫁を貰ってしまったので仕方ないですよね。
ごめんね、アマ。

そんなひねくれモノなガイジンな嫁なので
今回の里帰りは「ティージ」と「ダサイン」をあえて避けた日程にしました。

ちなみにダサインとはお祭りが多いネパールの中でも最大のお祭りです。
新しい服を新調し、家族・親せきが集まり、ご馳走を食べ、お酒を飲み、
子どもたちは凧上げをし、男性たちは賭けトランプに勤しむのです。

メインイベントはお祭りの10日目の目上の人からティカ(額に付ける赤いアレです。)をもらう日で、
あとはひたすら飲んで食べて遊んでだけなので、
正直、ガイジンの私にはヒジョーに退屈だった記憶があります。
(初めてネパールに行く人にとっては手っ取り早く一族全員に紹介してもらえていいかも。)
なので、今回はあえてご遠慮させていただいちゃいました。

ホントに困った嫁ですみません。(苦笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。