スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の家計の話

昨夜、旦那がスーパーのレジ袋を手に帰ってきました。
そのレジ袋の中には、たくさんの飲み物(主にお酒)と
お菓子(ガム、チョコレート、スナック菓子など)が入っていました。
全部、旦那が好きなものばかりです。

いつもたいてい缶ビール1本、多くてもプラス私の分1本くらいなのに、
旦那の月に1回のこの大盤振る舞いなお買いものは・・・
そう、給料日だったのです。
ははは・・・分かりやすいヒト。(笑)

そうそう、ウチの旦那、給料を現金でもらってくるんですよ。
入社した時に、私が給与の振込先として旦那の口座番号を伝えてあったのにもかかわらず、
旦那は頑として「現金がいい!」と言い張り、その主張通り現在に至っています。
まぁ、旦那が働いて得たお金なので好きにさせよう、と思う半面、
帰宅途中で失くしたり盗まれちゃうかも?とか、パーッと散財してきちゃうかも?と思い、
最初のうちは気が気ではありませんでした。
が、それも取り越し苦労だったようです。(笑)

ところで、旦那のお給料って誰がどのように管理していますか?
私の周りの日本人同士のご夫婦に伺ってみると
そのほとんどのご夫婦が口座に振り込まれた給料を奥様が管理されているようです。
そして旦那様は奥様から「お小遣い」をもらってるんですよね。
私も結婚前は私たち夫婦もそうなるであろうと思っていました。

が、実際のところは違いました。
旦那は妻である私から「お小遣い」をもらうのはイヤなんですって。
男性優位のネパール出身の男のプライド、でしょうか。
私も何となくその気持ち、分からないでもないんです。
だって自分が頑張って働いて得た給料なのに、
奥さんからお小遣いをもらうだなんて、やっぱり何となく情けない気分になりますもの。

じゃあ、我が家ではどうしているのかと言うと・・・
旦那が自分の給料(現金)から大ざっぱに、
「生活費」としていくら、「貯金」としていくら、
残りの端数とちょっとを自分の「お小遣い」として自ら分けるのです。
残念ながら今現在は「貯金」分は「住宅ローン返済」(こちら参照)に充てているのですが。(泣)

旦那の給料がだいたいいくらなのかは分かっているので、
「お小遣い」分にいくら充てているのかも予想がつきます。
そこから考えると、一応、現在の不況な状況も旦那なりにわきまえているようです。(笑)

・・・と、結局、自分の「お小遣い」以外は私にすべて渡してくれるので、
上記のようなよくある日本人夫婦のご家庭と何ら変わりはありません。
これなら私も納得がいくし、旦那の夫(男)としてのプライドも保てるワケです。
うぅ~ん、一石二鳥???

今思えば、給料を現金でもらってくるのも良いものですよ。
通帳で「見る」のと、現金で「見る」のでは、やっぱり違います。
これが旦那が頑張って稼いだお金なんだな~って、
お金のありがたみと、旦那への感謝の気持ちが倍増すること間違いナシです!
ま、その場だけなんですケドね。(笑)

ちなみに私の給料は、私の「お小遣い」と「生活費の不足分」、
「大きな出費」(保険代、車検代、家電購入とか・・・)、
あとは自分個人の(←ここポイント!)「貯金」でしょうか。

と、こんなに家計について偉そうに言っておりますが、
私、自分の家計の管理能力にまったく自信がないんですよね~。
旦那からは(たぶん)十分に「生活費」をもらっていると思うのですが、
なぜか足りなくなっちゃったりするときもあるし。
何しろ元々「あったら使っちゃう」タイプなので。
あ、これは旦那も同様。(笑)
計画性もなく、衝動買いや、無駄遣いも多々あったり・・・。

やっぱり、新聞広告とかマメにチェックするべき?
安売りスーパーをハシゴするべき?
車での移動をやめて自転車で頑張るべき?
自分へのご褒美(甘いモノ)とかやめるべき???

あぁ~、
できることなら我が家の家計を「やりくり上手」な人にお任せしたいくらいです。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。