スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「外国人登録証明書の更新」と「原付の名義変更」

今日は旦那の「外国人登録証明書」の受け取りに
遥々市役所に行ってきました。

有効期限の1ヶ月ちょっと前に更新のお知らせが届いたのですが。
更新手続きは本人がしなければならないそうなので
先々週、旦那を午前中だけ仕事を休ませ、
一緒に手続きに行って来たのです。
てか、「そんなの自分ひとりで行けよ!」って言いたいところなのですが、
甘いですね・・・私。(笑)

で、受け取りは代理人でもよいとのことだったので
平日にお休みの取れる私が行ってきました。
新しい外国人登録証、デザインがちょっと変わったんですね。
新品だからでしょうか、表面に入ってるホログラムがキラキラです。

そうそう、
旦那の更新前の登録証は来日直後に発行してもらったもの。
たぶんどこの地域でも同じだと思いますが、
外国人登録証には世帯主名が記載されているのですが、
当時は私の住民登録は結婚前と同じ、
祖父が世帯主の住民票の中に入ったままになっていたので
旦那の外国人登録証にも世帯主の欄に私の祖父の名前が入ってました。
続柄は「子の子の夫」。
・・・ややこしいです。

その後、祖父が亡くなったのをきっかけに
同じ住所で住民票を分けるという「世帯分離」をしてもらい
外国人登録証に世帯主が私に代わったこと裏書きしてもらっていました。

で、今回の更新でようやく妻である私の名前が表面に入りました。
もし、今後外国人との結婚を予定されていて
私たちのようにそのまま日本の実家に居候しながら
配偶者であるご自分の名前を入れたい場合は(特にメリットはありませんが)
この辺ちょっと注意した方が良いカモ・・・です。


せっかく遥々市役所までやって来たので、
ついでに旦那の原付の名義変更をしてきました。

車も買ったことだし、原付はもういらないかな・・・と。
原付の維持費なんて
自動車税(¥1000/1年)と自賠責保険料(¥12650/3年)くらいと
たかが知れてるんですが、やっぱりもったいないですもんね。
ちょうどカレー屋のネパ友がもらってくれると言うので
お譲りすることにしたんです。

原付の登録って自動車と違って市役所の管轄なんですね。
調べてみるまで知りませんでした。
危うく運輸局とかに行っちゃうところでした・・・。(笑)

手続きは超簡単。
譲る人ともらう人がどちらも同市民であれば、ナンバーもそのまんまで、
両人の名前・住所・印鑑だけがあればできました。
ウチの場合は手続きをするのが代理人の私なので、私の印鑑も必要でした。
これは、ほんの10分ほど、その日のうちに
もらう側の「標識交付証明書」と、譲る側の「廃車申告受付書」が発行され
名義変更の手続きは完了します。
もちろん無料です。


またまたついでなので、市役所の帰りに
今度は原付の自賠責保険も名義変更をしてきました。
これも自分でやるのなら、自賠責保険に加入している保険会社に出向いて手続きをします。
この際にも両人の名前・住所・印鑑、そして先ほど発行された2枚と、
自賠責保険証の原本があれば、すぐにその場でできました。
こちらも無料です。

あぁ~、今日は旦那のために働いた1日でした。
旦那から代行手数料取らなきゃ・・・。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。