スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往くネパール人

12年間オーバーステイ(以下「OS」)をしていたネパリが
とうとう今日、ネパールに帰るらしいです。

私たちの住むこの地域には以前、たくさんのネパリが住んでいました。
きちんと調べたわけではありませんが、そのうちの9割以上がOSだと思われます。
ウチの旦那が来日した約4年前、あるOSネパリが
「この辺には、だいたい300人くらいのネパール人がいる。」と言っていました。

土日ともなれば大きな駅周辺に行けば、
待ち合わせたわけでもないのに、少なくとも5・6人ものネパリに遭遇していました。
それどころか、私たちが住むこんなド田舎のこの地区にも
ネパリが住んでいると判明してビックリしたこともありました。
この狭い地区にたった1軒しかないアパートに、ですよ。

とあるインド系カレー屋さん(もうすでに撤退しているお店です)には
「ここはネパールか???」と思うほどのネパリが
毎週末わんさか集まっては情報交換をしているようでした。

そうそう、
今は無きこのカレー屋さんでちょっと面白いことがありました。
旦那が来日して間もないある土曜日の昼過ぎに、
旦那は用事があってこのカレー屋に行きました。
店の中にはネパリばかり十数人がいたそうです。
久しぶりのネパール語での会話に嬉しくなり、話に花を咲かせていました。

そのカレー屋は小さなビルの中のテナントとして入っていたのですが、
ビルの通路にある非常ベルが突然けたたましく鳴り始めたのだそうです。
「何だ?何だ?」とざわめいたのもつかの間、
いつの間にか店には旦那とカレー屋の店主とその従業員だけが取り残されていました。
当時、まだ何も知らなかった旦那は私に
「彼たちはベルが鳴ったら、ビックリして逃げたんだよ。」と
面白おかしくそのときの状況を話してくれました。

が、私はすぐにピンときました。
確かに、ネパールにはそんな非常ベルなどは一般には知られていないので
突然けたたましくベルが鳴ったらビックリするでしょう。
でも、ただビックリして逃げたのではありません。
おそらく彼らはみんな不法滞在者なのです。
彼らは、非常ベルが鳴る→警察が駆けつけてくる(かも)、の流れで逃げたのでしょう。

普段は一見普通に、そして自由に暮らしていそうに見えますが、
日々、捕まる恐怖と隣り合わせで暮らしているんだな・・・と改めて感じさせられました。

そんな彼らに私たちからアプローチすることはまずありませんでしたが、
どこかでバッタリ会えば話をしたり食事を共にすることはありました。
今日、ネパールに帰ると言うその彼もその中の1人であり、
そして私たちの知るそんなOSネパリの最後の1人でした。
(関連記事はこちら

昨年のリーマンショック以来、
あんなにたくさんいたネパリたちがこの地域から次々と消えてしまい、
何だかちょっと寂しいような、ホッとするような・・・複雑な気持ちです。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。