スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパール人の海外流出事情

ネパールに住んでいる旦那のネパ友が、近々イギリスに行くことになったらしいです。
半年前に結婚したネパリの奥様と一緒に移住するのだそう。

理由は、ビザが取れたから。(何のビザかは知らんけど。)
たぶん特別な目的や思いがあってイギリスに行きたかったワケではなく、
他のネパリ同様、いろんな国(もちろん先進国と呼ばれる国)のビザを申請して
運良く取れたところに行く・・・という感じだと思う。
それがたまたまイギリスだった、と。

中にはその取れたビザを元に、さらに他の国のビザを申請するというのを繰り返し、
最終的に自分の生きたい国へ行った人もいたり・・・。
(ある程度大きな国のビザを持っていると、他の国のビザも比較的取りやすくなるみたいです。)
目的とする国のビザが比較的簡単に取りやすい日本人からしたら、
なんて回りくどいと思うかもしれませんが、
これがネパールでは普通だったりするのです。

ちなみに旦那のあるネパ友夫婦は、イギリス→カナダ→オーストラリアの順で、
現在、最終目的地であるオーストラリアに在住しています。
たぶん、このままオーストラリアに永住かな?
この間、カナダで子供が生まれているので、子供にはカナダ国籍も取得させることができ、
(カナダは出生地主義を採用しているので)もう万々歳!なのだとか。
もはや、ネパールやネパール国籍なんてどーでもいいみたい。(笑)

だいぶ話がそれてしまいまししたが、
その彼はカトマンドゥのキングス・ウェイとニューロードでギフトショップを経営しています。
その関係で、中国をはじめ、いろんな国に自ら仕入れに行ったりしていました。
経営状態も悪くなく、最近郊外に家を買ったと聞いています。
もちろん、リングロード内には現在住んでいる家族所有の大きな家もあります。

もし、ウチの旦那が彼のような恵まれた状況にあったら
旦那をネパールの家族から無理やり引き離してまで日本に連れて来ることはなかったでしょう。
ビンボー庶民のネパリと結婚した私からしたら、
十分ネパールで良い生活ができているというのに、これ以上何が必要なんだ?
って思ってしまうのですが、上を見たらキリがないのでしょうね。

そんなこんなで、
これでネパールに住む旦那のめぼしい男性のネパ友はいなくなってしまいます。
そう、みんな海外に出て行ってしまったのです。
昔はただの出稼ぎが目的だったかもしれませんが、今は移住じゃないかと。
残念だけど、たぶん、みんなもう帰って来ないものだと思われます。

旦那は1日でも早くネパールに帰ることを目的に日々頑張っているのに、
せっかく帰ったものの、帰った先には誰もいない・・・なんて、ちょっと可哀そう。
ウチの旦那はネパール人のくせに(?)
電話したり、メールしたりと、なぜか自分からはまったく連絡をしないぶん、
唯一ネットでFacebookに登録している世界各地に住むネパ友たちの近況を見るのが楽しみみたい。

「ネパール」って、ネパール人にとって、そんなに魅力がない国なのかな?
ネパリの嫁のくせに「ネパールが好きではない。」と公言している私が言うのもなんだけど、
何だか寂しいですよね。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。