スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら「クワティ」を食す

一昨日、8月5日はネパールでは「ジャナイ・プルニマ」というお祭りでした。

この日はブラーマン(=お坊さん)から手首に紐を縛ってもらいます。
確か、この日に縛ってもらった紐は「ダサイン」というネパール最大のお祭りの中の
「ガイ・プジャ」という牛を参拝する日に、牛の尻尾へ縛り変えるんだったかな?

それと同時にこの日は
ネワール語で「クワティ」という数種類の豆のスープを食べる習慣があります。
↓これが「クワティ」。
クワティ
昨年、ネパールに里帰りした際に買ってきたものです。
旦那は9種類の豆って言ってますが、
ネットで調べてみると10種類とか12種類とかの記載があったりで
本当のところは分かりません。

一昨日にこれを作ることをすっかり忘れていたことに昨日気付き、
昨夜の夕飯に作ってみました・・・旦那が。(笑)

我が家のクワティのスープは・・・
まず、クワティを水で数時間戻して、圧力鍋でシューッと軟らかく煮ます。
スライスしたタマネギを炒め、その中に茹でたクワティを入れて炒めます。
そこへスパイス(ターメリック、クミン、チリ、塩)、摩り下ろしたニンニクとショウガ、
そして刻んだトマトを入れてさらに炒めます。
適量の水を加えグツグツ煮たら、出来上がり。

クワティのスープ

お味はネパールの定番食であるダル・バートに出てくる
あのダル・スープっぽい感じです。
・・・正直、私にはマズイ。(笑)

旦那が言うにはインド人が作る豆のカレーは美味しいのだそうです。
確かに、昨年ネパールに里帰りした際に
ポカラ-カトマンドゥ間のサービス・エリアで食べた
インド人の作る豆のカレーとプーリー(=平たい揚げパンみたいなもの)は
お代わりするほど美味しかったです。

私の勝手な認識だとネパールの一般家庭で作る「クワティ」は
豆の味を最大限に活かした(?)素朴な“豆のスープ”、
インド人の作る豆のカレーは私たちが日本のインド料理屋さんで食べるあんな感じ。
スパイスいっぱいの、洗練された“カレー”。

こういったネパールとインドの食文化の違いって、
他のすべてのことにも通じているような気がしてなりません。
ネパールの文化(特に食や芸術)は良く言えば“素朴”、悪く言えば“垢抜けない”感じ。
それに比べてインドはやはり“洗練”されている感じがしますよね。
どっちが良いとか、悪いとか・・・じゃなくて、ですよ。(汗)

私的にはネパール料理よりインド料理(地方にもよると思いますが)の方が好きかな。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。