スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリウムと格闘

会社の健保組合の人間ドックに行ってきました。

毎度のことながら健康診断の費用を負担してもらえるなんて、
会社員って本当に素晴らしいですよね。
自腹で受けたら結構な金額がかかるものですし、
なにより強制(?)なので勤務時間内に堂々と行けるのがまた嬉しい。
・・・ありがたいことです。

人間ドックは今回で2度目。
前回はバリウムがなかなか飲めないわ、
発泡剤を飲んだものの堪えきれずにゲップしちゃうわ、
挙句の果てに何回もやり直しさせられ、
だんだん泣けてきて涙は出るわ、鼻水は出るわで、
それはもう大変で、検査員のおじいちゃんを相当困らせました。

確かにバリウムが飲めなかったのは私が悪いのかもしれません。
でも、その後の発泡剤の件は絶対に検査員のおじいちゃんが悪い!
だって発泡剤を飲ませてから検査に入るまですっごくモタモタしてるんです。
毎回私が飲み終った発泡剤と水の容器を
わざわざ遠いゴミ箱まで捨てに行ってから、ゆっくり歩いて検査室に入ってるんですよ。
そんな容器を捨てるのなんて後でもいいじゃんかー!
てか、のんびり歩いてないで、小走りせんかいッ!小走りッ!

まぁ、とにかく初めてのことだったので
言われるがままになんとか頑張りましたけど・・・。

でも今回は違います。
今度は若い女性の検査員さんだったんですけど、
モタモタ具合は前回とまるで同じ。
さすがの私も「ゴミは後でいいから早くしてください!」って逆ギレしちゃいました。(笑)
いやいや、こっちは本当にツライんですって・・・。
なのでバリウムもほとんど飲まず、発泡剤を飲んでもゲップしまくってやりました。
困り果てた検査員のお姉さんが「これでは正確な検査が受けられませんよ。」って言ってましたけど、
キレたついでに「結構です。これ以上耐えられません!」って言っちゃいました。
後で考えてみれば、なんて大人気ない・・・。(苦笑)

さらに検査員のお姉さんが
「そんなにバリウムがおツライようでしたら、胃カメラに変えてみたらどうですか?」と言うので
「そんなことできるんですか?」って聞いたら、
わざわざどこかへ聞きに行ってくれたんですけど、
ウチの会社で契約している人間ドックのプランでは変更不可なんですって。
・・・残念。
てか、胃カメラだってそれなりにツライですよね?きっと。

同じ会社の他の女性社員たちは婦人科系の
乳がん検診(マンモグラフィー+触診)や子宮頸がん検診の方が嫌だって言ってましたけど、
私的にはこっちのほうがよっぽど気楽です。

人間ドックでしっかり検査してくれるのはありがたいんですけど、
毎年このバリウムと格闘するのかと思うとかなり憂鬱です。
あ~、どうにかならないものですかねぇ・・・あのバリウム。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。