スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くしゃみの合いの手

花粉の飛散も本格的になってきましたね。
おかげさまで私たち夫婦には何の影響もなく、ありがたいことです。

花粉症ってホントにツライようですね。
職場でも私のデスクの周りは全員マスク・マンと化しています。
しかも目は充血、鼻水はじゅるじゅるタラ~リで、ホントに見てて気の毒なほど。
さらにくしゃみも尋常ではありません。

今日も強大なくしゃみを連発する隣の席の同僚に
無意識に「グーカー。」と合いの手を入れてしまいました。
あ・・・ヤバイ!言っちゃった。(焦)
と、気づいたときには、もう時すでに遅し。
「は?」と職場中の視線が一挙に私に集中してしまいました。
あぁ~、恥ずかしかったぁ~。

ところで、くしゃみに合いの手って入れます?
私は自分がしても、(気心の知れている)他人がしても入れてます。
言葉的には可愛く「チクショー!」かな?(←ホントに品がない人間で、すみません。)
ちなみにくしゃみが出そうな人には必ず「ハクシュンッ!」って先に言って邪魔をしてやります。
ウッシッシ・・・根がイジワルなのです。(笑)

そうそう、話を戻して・・・
「グーカー。」ってのは、旦那がいつも使っているくしゃみの合いの手なんです。
私「ハッ、ハクションッ!」旦那「グーカー!」と、こんな感じ。
ネパール語にすると「グー」はウ○コ、「カー」は食べるの意味。
なので「ウ○コ食べる?」とか「ウ○コ食べて!」とかそんな感じの意味になります。
私たち夫婦の中ではくしゃみをしたら、
この合いの手を入れるのが極々普通になってしまっており
むしろこれがないと「あれ?何で言ってくれないの?」くらいな勢いなのです。

他のネパール人もこんなことを言っているのかは分かりませんが、
少なくとも旦那の家族は使ってます。
特に面白がって使うのが旦那とアマ(=お母さん)が。
(すみません、アマと私は結構似たタイプです。)

普段の生活ではほぼ100%日本語で会話している私たち夫婦ですが、
こーゆー変なところだけネパール語なんですよ。
てか、旦那はこんな変な言葉しか私に教えないし、
私は私でこんな変な言葉ばっかり拾っては覚えて使ってるし・・・。
おかげで家の外でうっかり気を抜いてしまうと口からポロッと変な言葉が出てしまうので、
ホント困ります。(苦笑)

ちなみにネパール語でくしゃみの音を表すと「ハッチュン」です。
ちょっと可愛いですよね。

・・・それにしても、くしゃみして「ウ○コ食べる?」って、どうなんです?
スポンサーサイト

イラッとさせられるネパール語

・・・それは「テサイ」。


「テサイ」とは、
ネパール語で「キナ(=なぜ)?」に対して受け答える、何とも曖昧であやふやな言葉。
日本語に直訳すると何でしょう?
(私の持っている日本語⇔ネパール語の辞書たちには載ってなかったと思います。)
旦那がいつも使っている雰囲気では「何となく。」とか、そんな感じ???
ちょっと違うかな?

使う側にとってはヒジョーに便利な言葉だけど、
聞く側としては全然質問に対する答えになってないし、
それどころか何か話を誤魔化され、はぐらかされた気がして
ミョ~にイラッとさせられるイヤ~な言葉。

ウチの旦那はコレ(↑)、結構使います。
例えばこんな風に・・・

私  「あれ?今日友達のパーティーあるって言ってたのに、まだ行かないの?」
旦那 「うん。」
私  「何?やめたの?」
旦那 「うん。」
私  「キナ(=なぜ)?前から約束してたんじゃないの?」
旦那 「テサイ。」
私  「テサイじゃなくて、理由を聞いてるんだけど・・・。」
旦那 「一緒に行く友達がキャンセルしてきたから。」
私  「ふ~ん、そっか・・・残念だったねぇ。」

てか、そんな理由だったら最初っからそう言えばいいじゃーーーん!
こっちは「会場までの足がないのかな?」とか「おこづかいが足りないのかな?」とか
いらん心配をしちゃうんですけど・・・。
(キィィィー!イライラする~。)
・・・とは、あえて言いませんけどね。(笑)

そういえば、こないだ旦那が泣いてたときも(こちら参照)
「テサイ。」って誤魔化してた気がする・・・。

無駄な「テサイ」、ホントやめて欲しいです。

切れ端グルメ

買い出しに行った先で見つけて、思わず衝動買いしちゃいました。
その名も「切れ端グルメ」。(←私は勝手にそう呼んでます。)

切れ端グルメ

コレ(↑)、ロールケーキの切れ端なんです。

たかが「切れ端」とバカにしてはいけません!
だってお味はショーケースの隣に並んでいるロールケーキと同じなんです。
それが(屋台の焼きそばが入っているような)パックいっぱいに詰まってて、なななんと280円!
抹茶、チョコ、バニラの3種ものケーキが、たった280円で楽しめるんですよ。
おぉ~、なんて素晴らすぃ~♪


・・・と、ご機嫌♪で帰宅した私に、辛い現実が待ち受けていました。

おから・ショコラ

今朝、わざわざ早起きしてケーキを作ったんだった。
ははは・・・忘れてた。(笑)

2代目★おから★ショコラ」という“おから”を使ったケーキです。
パウンドケーキ型1本に対しておからを100グラム使うケーキなんですけど、
近所のスーパーには1袋300グラムのおからしか売っていなくて、
「そんなの余裕~、余裕~、ペロリだよ。」と3本も作ってしまっていたのでした。

これはこれでヒジョーに良くできてて美味しいんですけど、
残りは夕飯のおかずに卯の花にでもしておけばよかった・・・トホホ。(泣)

往くネパール人、来るネパール人

一昨日、あるネパ友から旦那宛てに電話がありました。
それは「来月ネパールに帰ることにしたよ。」という報告の電話でした。

彼は20代前半に来日し、かれこれ10年とちょっと。
もちろんビザはとっくの昔に切れており、
ずっと不法滞在&不法就労を続けてきました。

来日して以来、彼は若さも手伝って昼夜問わず働き、
そのお金でネパールに大きな家を建てました。
数年前には念願だったネパールからのご両親の呼び寄せに成功し、
3人で日本国内をあちこち観光することができたそうです。

家も建て、ご両親にも親孝行をし、
日本での大きな目標が無くなってしまった彼は
急に今置かれている彼自身の現実に焦りを感じ始めました。
「私はもうネパールではとっくに結婚していなければならない年齢になっている・・・。」と。

かと言って当時彼のところに毎週末のように足しげく通っていたネパリ女性(恋人?)とも、
(彼女は半年前に路上で警察から職質を受け、強制送還されてしまいました。)
他の在日ネパリ女性とも、はたまた日本人女性とも結婚する気はなく、
そもそも結婚はネパールでと考えているらしく、日本でするつもりはさらさらないみたいでした。

まだまだ日本での生活には未練を残しつつも、
ここ数年は日々ネパールに帰るキッカケを探していたのだと思われます。
で、ここに来て日本を襲った100年に一度の不況。
ここらが潮時でしょう。
次々にネパールに帰って行くネパ友たちに触発されて、
先日、自ら入国管理局に出向いてきたそうです。

“数少ない”信頼できる在日ネパリの一人だったのに、
来月かぁ・・・寂しくなるねぇ。


そして昨夜、いつものように出かけた旦那をお迎えに行きました。
行った先はいつものネパリ経営のカレー屋さんです。
(いろんなお店を経て、ここ2年くらいはココに落ち着いているようです。)

お店に入ると
私も顔馴染みであるいつもの常連メンバー(日本人+ネパリ)の奥に
見知らぬ若い女性がちょこんと座ってました。
どうやらネパリのようです。
そもそもこの辺に住むネパリの女性は
よっぽどパーティーとかでない限りは表には出てきません。
しかも彼女はネパリの輪の中にいるにもかかわらず、下を向いたまま一言も話してません。
おかしいな・・・と思っていたら
彼女は前日ネパールを出て、その日に日本に着いたばかりとのことでした。

見た感じ、彼女は親戚などを頼って出稼ぎにやって来たのだと思われますが、
この100年に一度の大不況の真っ只中の日本で、この先どうするんでしょうねぇ。
日本に来さえすれば何とかなると安易に来てしまったのでしょう。
まぁ、確かに以前はそうでしたが、それは半年くらい前の話。
きっとあちこちから掻き集めた大金を積んで来たに違いありません。
「日本に着いてみたら不況で仕事がありませんでした~♪」って
簡単に帰るワケにも行かないでしょうに・・・。

でもここはいっそのこと賢く
今あるビザの有効期限内にネパールに帰ってくれることを切に願うばかりです。
(そもそも不法滞在&不法就労は犯罪ですしね。)

映画「スラムドッグ$ミリオネア」

昨夜、いつものように私はテレビに、
旦那は私の後ろでコンピュータに向かっていました。
いつも旦那は自分の好きなテレビ番組がないときは、
たいがいコンピュータでゲームをして遊んでいます。

いつもなら私はテレビに夢中なのですが、
なぜかちょっと旦那のことが気になって後ろを振り返ってみました。

すると、なんと旦那は目から滝のように涙を流して号泣してるんです。
また(こちら参照)ホームシックが襲ってきたのかと思って、マジ焦りました。

私  「どうした?またホームシックになっちゃった???」
旦那 「違う・・・。」
私  「どうした?」
旦那 「目から水が出ちゃった・・・。」
私  「いやいや、そりゃあ見りゃあ分かるよ。なぜ水が出ちゃったのか聞いてるんだけど。」
旦那 「・・・・・。」
私  「言わなきゃ全然分かんないよ。」
旦那 「・・・・・・。」 (と、コンピューターの画面に目を向ける。)
私  (私もコンピューターの画面に目を向けてみると・・・。) 「は?映画見てんの???」
旦那 「そう。(照)」


・・・そうなんです、映画を見て泣いてたんです。
しかも涙の量も半端じゃないほどの号泣。(笑)
もう~、ビビらせないでおくれよ~!

その見ていた映画というのは「スラムドッグ$ミリオネア」(↓)。




調べてみれば、この映画、結構話題作なんですね。
・・・知らんかった。

舞台はインドで出演するのもインド人なんだけどイギリスの映画なんですってよ。
なので、あのボリウッド映画ではなく、例の歌も踊りもないらしい。
(てか、世間ではそれが普通だし、あの歌と踊りはむしろ異常ですよね。)

ボリウッド映画は好きではありませんが、コレはちょっと興味アリ♪です。

旦那に「もう一回、一緒に見る?」と言われましたが、
英語がまったくちんぷんかんぷんな私にはちょっと無理かと・・・。
日本でも上映されるみたいなので、それを待つことにしましょう。

一応、日本版ウェブ・サイトには「4月順次ロードショー」って書いてあったけど、
順次・・・ってのが、どーも引っ掛かりますね。
普通のシネマ・コンプレックスでも上映されるのかな?
その辺がちょっと気になるところです。

ネパールはどこですか?

昨日、旦那を連れて近くのホームセンターに猫たちのキャットフードを買いに行きました。

このホームセンターのペット用品コーナーの手前には文具コーナーがあって
もうすぐ新入学ということもあり、一番目立つ所に地球儀が何種類か並べてありました。
旦那はその地球儀たちに興味を示し、クルクルと指で送りながら回して遊んでいました。

そんな旦那に「ネパール、どこだか分かる?」と聞いてみました。
自信満々に「分かるよ~。当たり前でしょ?」と、
しばらくクルクルと指で送って「ココ!」と指差した場所は・・・

ネパールはココですよ~
ココでした。(↑地図参照)
あ~ぁ残念、そこはマレーシア(の一部)ですよ。
旦那いわく「形が似てたから・・・。」って、オイッ!

ネパールって海に面してましたっけ?
お隣の超大国、中国とインドはどこですか???
よーく、見て答えてくださいね。(苦笑)

いやぁ~、あまりの旦那の天然っぷりにビックリしました。

ハッピー・バレンタイン♪

もちろん我が家は普通の日。
んなワケで現在、旦那はお出かけしてます。

先日のハートのクッキーは「これ、バレンタインの?」って喜んでました。
一応、「違うよ、ウチにはクリスマスもバレンタインも来ないでしょ?」って
ちょっとイジワルを言っておきましたけどね。(笑)
だいたい「バレンタインに手作り○○♪」なんて全然私のキャラじゃないので
何だかちょっと恥ずかしいです。(照)

そんなこんなで、いつもバレンタインのチョコは
本命にはデパ地下、義理にはスーパーで調達していました。
だって買ったほうが安いし、美味しいんだもん。


・・・なのですが、
過去に1度だけ、当時お付き合いしていた彼に頼み込まれて(?)
仕方なく手作りチョコなるものを作ってあげたことがあります。
手作りといってもチョコを溶かして型に入れて固めるだけでしたけど。
一応、自分でも味見がてら食べてみましたが、買ったほうが美味しいかな・・・と。
それ以上に、ものすごい出費でビックリ。
チョコの材料一式にラッピング用品を足したら、やっぱり買ったほうが安いじゃん!って。
彼にも「これ、溶かして固めただけだよね?」と、いとも簡単に見破られる始末。
ははは、バレたか。(笑)

もちろん、彼にも同じように手作りクッキーを強引に作ってもらいましたよ。
そんな彼がホワイト・デー前日にわざわざ有給まで取って作ってくれた手作りクッキーは
なぜか(食品保存用の)ジップ○ックに入ってて、そのまま手渡されました。
目の前でジッパーを開けてひとつ食べてみましたが、何~か違う。
例えて言うなら「穀物」っぽい味と香り。
動物用の餌ですか?って感じ。
基本的に味がなくて、パサパサ、モサモサで、
決して美味しくはないんだけれど、食べられなくもない、と言うビミョーなお味でした。

結局、2人で「買ったほうが美味しい!」ってことで意見が一致したという
なんとも微笑ましい(?)若かりし頃の思い出なのでした。


あ~ぁ、今頃、世の中のラブラブカップルたちは
おしゃれーなレストランでお食事しつつ、プレゼントなんて貰ってるんだろうなぁ・・・。

気を取り直して、出かけた旦那のお迎えに行ってきます。
アタシゃ、旦那のお抱え運転手かいッ!(笑)

永住許可をいただきました♪

13日の金曜日な本日、
昨年の8月4日に申請した旦那の「永住許可」を無事にいただくことができました。

永住許可

ついでにその足で市役所に行き、外国人登録証に裏書してもらって来ました。
・・・やれやれ、これでひとつ仕事が終わりました。

これで当分の間、入国管理局に出向くこともないのかな?
“手続きに燃える女”としては、それはそれでちょっと寂しいカモ。(笑)

ちょっと早いけど・・・

じゃじゃーーーん!
旦那にバレンタインの(?)クッキーを焼きました♪

クッキー
ウザイくらいいっぱいのハートのクッキーです。
旦那への溢れんばかりの「愛」ってところでしょうか。(寒ーッ!)

クッキー
ホントはこっちがメインだったんですけど、
ちょっと目を離した隙に焦げちゃいました・・・トホホ。


あ、もちろんクリスマスのない我が家には、バレンタインだってございません。
(まぁ、日本のバレンタインは欧米のソレとはもはや別物の文化だと思われますが・・・。)
当日はまたもや普通の日です。

一応、、ネパールでは自称シティー・ボーイ(?)の旦那は
バレンタイン・デーの存在や、恋人同士が贈り物をし合うってことくらいは知ってます。
タメルなどの繁華街のカフェやレストランなどでは
ラブラブのハートな飾り付けがされているところも見かけますし。
でも「それはアメリカやヨーロッパの人たちのものでしょ?」と。
まぁ、そうですけど・・・。

そんなこんなで
私も今まで毎年バレンタインには何も用意していなかったのですが、
ちょうど今、お菓子作りに燃えている真っ最中だったので、
その勢いに乗って作っちゃいました。
もちろん、旦那への名目はバレンタインではないので
「お返し」なんてことは期待してはいけません。
それ以上に普段から旦那にはとっても良くしてもらっているので
今さら夫婦の間で「お返し」なんていらないんですけどね。

そんな旦那は毎年1個だけ義理チョコを貰っています。
っといっても、ウチの母からですけど。(笑)

昨夜のネパリ飯

ネパリ飯

昨夜の我が家のネパリ飯です。

先日仕入れたネパリ飯の素で作りました。
手前から、アルタマ(アル=ジャガイモ、タマ=タケノコ のスープ)。
貴重なタマをケチって、ボリ(=日本では「黒目豆」というそうです。)をたくさん入れてみました。(笑)
チャナ(=ひよこ豆のカレー)。
大根と豚バラのカレーです。

ちなみにアルタマだけは旦那作です。

久々のアルタマ、美味しかった~♪

通知書(永住許可申請)

入国管理局から「通知書」なるものが届きました。

宛て名の文字がどっかで見たような字だなぁ~と思ったら、
昨年の8月、永住許可を申請するときに入管でくれた専用の返信ハガキで、
宛て名はその時、その場で私が書いたものでした。
そりゃあ、どっかで見たワケだ。(笑)

この通知書はあくまでも通知だけです。
結果をお知らせするので通知書に記載された期日までに
・旅券
・収入印紙(永住許可:8000円)
・通知書
を持って来てください・・・とのことでした。

さてさて、どーなりますことやら。

はじめてのおつかい@コイン精米機編

昨夜、夕食を作るべく米びつからお米を出したら、
あれ?何かいつもと違う感じ。

そしてお米を研ぐときも、
あれ?何かおかしい。

で、炊き上がったご飯を見て確信。
やっぱり違う。

いつもは真っ白艶々で、甘~い良い香りがするのに、
今日は全体的にご飯が黄色っぽく、ほんのり糠臭いんです。
例えて言うなら炊飯器の中の1日経ったご飯って感じ。

・・・いやいや、そんなことはないハズ。
何てったってたった今炊いたばかりだし。
しかも今日、旦那に精米してきてもらったばかり・・・あ、もしや?

私  「今日、お米きれいに(精米)してきてくれたんだよね?」
旦那 「したよ。」
私  「だよね。ありがとね~。でも何だかご飯が黄色い感じがするんだけど・・・。」
旦那 「そう?ちゃんとやったよ。」
私  「だよね・・・あッ!精米のパーセンテージ(割合)が違うかも。」
旦那 「ボク、“5”(5ぶ)でやったよ。」
私  「あ、それだ!5じゃないよ。5だと50%だからぜんぜん白くならいんだよ。
    いつもは“標準”だったんだけど・・・。」
旦那 「あぁ、そうか。分からなかった。ごめん。でも食べれるからいいよね~。」
私  「そうだね~。(苦笑)」

あはははは、謎が解けました。


実は一昨日、精米済みのお米が終わってしまったので
旦那に近所のコイン精米機でお米を精米してきてくれるように頼んであったんです。
コイン精米機:田舎にはこーゆーモノが自動販売機のように設置されてるんですのよ。)

確か2ヶ月前の前回精米したときは私と一緒に行って自分で精米機の操作もやってたし、
(そのとき、実は私はコイン精米機初体験でした。)
それ以前にもウチの母にも何度も連れて行かれ、やってるハズなので
これならガイジンな旦那でもひとりでできる!と安心しておつかいに出したのに・・・。
今まで教わったこと、やったことは全然覚えてなかったってことなのね。(笑)

まぁ、お願いしてやってもらったので、ここで文句を言ってはいけません。
だって、30キロものお米を運ぶのなんて重くてイヤなんだもん。
やってくれただけで、大変ありがたいです、はい。

ちなみにウチの近所のコイン精米機の精米の割合の設定には
5ぶ・7ぶ・標準・上白の4つがあります。
確か、お米10キロにつき100円だったかな?

・・・ってなワケで旦那の「はじめてのおつかい@コイン精米機編」は、
みごと失敗に終わりました。
あ~ぁ、あと2ヶ月このお米を食べるのかぁ・・・トホホ。(泣)


それにしても、
ちょうど2ヶ月で30キロ(精米前)のお米を2人で食い尽くすって、どうなんです?
(ちなみに朝は2人ともご飯は食べません。)
普通?それとも食べ過ぎ???

おからバナナケーキを作りました~♪

またもやクックパッドで検索して見つけた「おからバナナケーキ」を作ってみました。

おからとバナナのケーキ
炊飯器でできるなど作り方が簡単なのはいいんですが、
何~か味気ない感じでした。
砂糖を加えるとか、チョコチップを混ぜるとか改良の余地ありな感じです。

なので、我が家ではとりあえずチョコシロップをかけて食べてます。
そして昨夜はチヤ(ネパールのミルク・ティ)を合わせてみました。
おからとバナナのケーキ


最近、旦那と一緒にいる(同じ敷地内にいる)時間が長いので、
思うようにブログを書く時間が取れず、簡単にできるお菓子ばっかり作ってます。
こんな(女らしい?)私に旦那は喜んでいるみたいですが、
おかげで小麦粉・バター・砂糖の減りの早いこと、早いこと。
そんなお菓子を毎日食べている私はさらにおデブ街道まっしぐらになりそうです。
・・・あぁ、恐ろしい。(苦笑)

暇アート

暇だったので
仕事中にこんなこと(↓)して遊んでました。

暇アート

手の甲にニュルリと乗せたハンドクリームです。
あまりにも上手なウ○コができたので携帯のカメラでパチリ。
・・・お下品ですみません。(汗)

調子に乗ってクリームを出し過ぎてしまったので、
手が潤うどころかベタベタでした。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。