スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パウンドケーキに挑戦!

あれから頑張ってます、私。

旦那の「上手だね~。美味しいねぇ~。」にすっかり乗せられて
仕事中に暇を見つけては会社のPCで美味しそうなレシピを検索し、
お休みを利用して家でお菓子作りにチャレンジしているのです。

で、本日の傑作はこちら(↓)。
パウンドケーキ
ちなみにクックパッドの「カトルカール」を参考にしました。
自分で言うのもなんですが、ウマいです。
ウマさの決め手は、たぶん「混ぜ」と「泡立て」。
すべてハンドミキサー様のおかげでございます。(笑)
自分の力じゃ絶対無理です。

そして、本日の駄作はこちら(↓)。
パウンドケーキ
これもクックパッドの「バナナ・チョコスプレーケーキ」を参考にしたのですが、
何か全体に潰れててフカフカしてないし、別物(?)になってしまいました。
こちらもハンドミキサー様が大変頑張ってくださったのですが、
そのあと加えた私の手作業が失敗の原因だと思われます。(笑)
肝心なお味は・・・こーゆーもんだと思えば、そこそこイケます。
しいて言うなら、ズッシリ重たいバナナケーキって感じ。

こんなんでもウチの旦那はやっぱり
「上手だね~。店ができるね~。」と褒めちぎってくれるので
作る側としては大変嬉しくありがたいです。

さて、お次は何にしましょうか???
スポンサーサイト

ネパリ飯の素

こないだの日曜日に旦那と一緒に
ネパリ飯に必要な食材の買い出しに行きました。

ネパリ飯の素

奥からギー(バターみたいなんだけどバターではないらしい。)、
タマ(=たけのこ。一見、ただの水煮に見えるけど、発酵させてあるらしい。)、
チャナ(=ひよこ豆。これは白いヤツです。)。


で、昨夜、早速作ったネパリ飯がコレ(↓)。

ネパリ飯

手前から、
ジャガイモとカリフラワーのカレー、大根と鶏肉のカレー、ジャガイモのカレーです。
ちょっとジャガイモとカリフラワーのカレーがボロボロになってしまいました。
日本の野菜ってどれもこれも柔らかいので、
ちょっと煮ただけですぐにグダグダになっちゃうんですよね~。

インド系カレー屋さんでたまに
アル・ゴビ(=ジャガイモとカリフラワーのカレー。ゴビはヒンディ語で、ネパール語ではカウリ。)
を出してるところがあるけど、
ちゃんとカリフラワーが美しい形のまま微妙な食感も残しつつ、なお且つ美味しい。
あれはいったいどうやって作ってるんでしょう???

ちなみにネパールの我が家ではカリフラワーはあえてグダグダになるまで煮ます。
もちろんネパール人家族には美味しいみたいですけど、私にはマズイです。

何だか毎回変わり映えがしませんね、我が家のネパリ飯。(笑)
ネパリの嫁な私がネパリ飯が好きではないものですから、
食べられるネパリ飯を選んで作ってるとどうしてもマンネリになっちゃうんです。
しかも、ほとんどネパールの我が家の味しか知らないし・・・。
ネパリ飯の1品持ち寄りパーティーとかやったら面白そうカモ♪

そうそう、こないだ買った上の3品の食材は今回どれも使ってません。
今度はアル・タマ(=ジャガイモとたけのこのスープ)が食べたいなぁ~。
チャナ(ひよこ豆のカレー)も食べたいし~。
ギーを使ったターメリック・ライスもいいな~。

仔猫たち1歳の誕生日

1年前のちょうど今日、2008年1月24日に
我が家の愛猫フチェ(♂)とプンティ(♀)の間に仔猫が生まれました。
そう、今日は仔猫たちの1歳の誕生日なのです♪

仔猫たちが生まれる1ヶ月半ほど前、
私は当時ちょうど6ヵ月になるメス猫のプンティを連れて
いつもお世話になっている近所の動物病院に避妊の手術に行きました。
ここの動物病院では生後6ヵ月経たないと避妊・去勢の手術ができないとのことだったので
6ヵ月を待たずに手術の予約をし、ほぼ6ヵ月ちょうどくらいの日を予約したのに、
時、すでに遅し・・・術前の検査で妊娠が発覚してしまいました。
まぁ、兄妹(姉弟?)とはいえ、雄雌で貰ってきたこと自体が悪いんですよね。
(この経緯はまたいつか・・・。)

獣医さんは「このまま手術することもできますけど。」って言ってましたが、
もちろん、避妊の手術は急きょキャンセルして
なぜか喜んで(?)連れて帰って来ちゃいました。
だってプンティが「ねぇ、私たち、どうなっちゃうの?」ってな感じで見つめるんですもの。
もう我が家のプンティのお腹に新しい命が宿ったことへの喜びのあまり、
帰りの車の中ではホントに涙が止まりませんでしたよ。

で、1年前の今日、
私が仕事から帰ると部屋の絨毯が凄いことになっていて、
(破水のせいなのか、血が薄まったような液体が絨毯にドバーッっと・・・。)
オスのフチェが部屋の中をウロウロとうろたえる向こうに
助けを求めるように私を見ながら泣くプンティと、仔猫が3匹見えました。
残念ながらそのうちの1匹は体を覆っている膜(?)みたいなものが
取りきれ入れておらず亡くなっていました。

あまりにも突然すぎてどうしてよいものやらと思い、
すぐさまお世話になっている動物病院に電話して指示を仰ぎました。
猫は出産から育児までしっかり自分自身でやってくれるので大丈夫なんですってね。
しかも飼い猫だったら人間が積極的に関わっても問題ないとのことで、
私も血だらけだった猫のベッドに新しいタオルを敷いて清潔に整えたり、
(意味はないけど)プンティの背中をさすったり、声をかけたり、分からないなりに頑張りました。
気持ちはお母さんなんだけど、やってることはお父さん・・・みたいな。(笑)

我が家では今まで犬と猫は欠かしたことがないくらいに
代々何匹も飼っているのですが、完全な室内飼いは今回初めてで、
もちろん部屋の中で出産に立ち会うなんて初めてだったので、マジでビビりました。

猫の出産って約1日がかりなんですね。
横になりながらちょっとイキんでは1時間ほど休む、の繰り返しで
旦那が仕事から帰ってきてまもなくすると1匹が、
またまた日付が変わった夜中にもう1匹が生まれました。
それも私のベッドの上で。
その後、自ら隣の旦那のベッドへ引っ越し、
かれこれ2ヶ月ちょっとの間、旦那のベッドの布団の中でぬくぬくと育児をしていました。
(仔猫たちは決して冷やしてはいけない・・・と、獣医さんの指示があったので。)

おかげで当時は2人とも寝不足で大変でしたが
旦那は「お父さん・お母さんになる前に、おじいさん・おばあさんになっちゃったね~。」と
それはそれは自分のことのように喜んでおりました。
最初はネコが怖かったくせに・・・。

母となったプンティも出産・育児と頑張りましたが、
うっかり(?)父となってしまったフチェももっと無関心なのかと思いきや、
出産補助・育児参加も称賛に価するものでした。
もう、食べちゃうんじゃないかと思うくらいにベロンベロンに舐めまわしてました。
これにはビックリでしたね。

プンティがこの世に送り出してくれた仔猫は5匹。
そのうちの1匹はすでに亡くなっていたので、結局は4匹となりました。
1匹はオスで生後3ヶ月くらいで里子に出し、
あとの3匹はメスで今現在我が家にいる3姉妹です。

猫たち
↑出産当日のプンティと仔猫たち
プンティの口元の血がちょっと生々しいですね。
まだプンティのお腹の中には末娘のナヌーが入っています。

猫たち
↑翌日の仔猫たちです。

生まれた当時はまるでネズミのようでしたが、
そんな3姉妹な仔猫たちも今では立派なレディになりました。



スンダリ、カンチ、ナヌー、1歳の誕生日おめでとう。
そして我が家に生まれてきてくれて本当にありがとう♪

ネパールの首都はカトマンズですよ~

アメリカの首都、ワシントンDCで
新大統領であるバラク・オバマさんの就任式がありましたね。
昨日、このニュースを見ながら
ちょっと忘れがちなアメリカの首都がワシントンDCだったことを再確認しました。(笑)

確かあれは高校2年のとき、地理の授業の一環で
白紙の地図の中の国ごとに番号が付いており
その番号が付いている国の国名と首都名を答えるという
「国名・首都名当てテスト」なるものがありました。
その中でアメリカ合衆国の首都名を「ニューヨーク」と堂々と書いて
しかも添削済みの答案を返しながら、先生に
「この中にアメリカの首都をニューヨークって書いたアホなヤツがおる!」と
大々的にバラされて大恥をかいた記憶があります。(笑)
(今の私だったらはオイシイ♪ネタですが、あの時は恥ずかしかったな~。)

いやいや、知ってたんですよ。
だってあれだけ頑張って暗記したんですもの。
てか、あの超大国のアメリカですよ。
知らないハズないじゃないですかー。
なのに、なのに、テストの当日に限ってド忘れしちゃって・・・ゴニョゴニョゴニョ

そんな私が当時、ヨーロッパ辺りならともかく
(今となっては我が旦那の国である)ネパールなんて超マイナーな国を知るハズもなく
国名はともかく首都なんて全然覚えられず、大変困っておりました。
そんな私を見かねた友達が私のために考えてくれた覚え方は
なんとも強引なゴロ合わせでした。
しかも、超内輪ネタ。

当時、私のいたクラスに加藤君という男子がいて
彼は仲間からなぜか“チャーマン”というニックネームで呼ばれていたんです。
あ・・・、ちょっと察しがついちゃいました???

加藤チャーマン
  ↓
加藤チャーマンズ
  ↓
カトーチャーマンズ
  ↓
カトーマンズ
  ↓
カトマンズ

うぅぅ~、苦しいッ!(苦笑)

でも、これで覚えられたんです。
テストの答案にもちゃんと書きましたよ。
初めてネパールに行くって(友達が勝手に)決めた時も
「あ、加藤チャーマンズの国ね。」って思ったほど。
ホントにあの友達には感謝しています。(涙)

他にもたくさんゴロ合わせ(・・・というか、むしろ、ダジャレ?)で作ったのがありましたが、
ほとんど忘れちゃいました。
もう1個思い出せたのが「トルコ」。

トルコ嬢は甘辛がお好き♪
  ↓
トルコ嬢はアマカラがお好き♪
  ↓
トルコの首都は「アンカラ」。

あ、これも苦しい???


みなさ~ん、ネパールの首都はカトマンズですよ~♪

クッキーを作ってみました~♪

何を血迷ったのか、このワタクシがクッキーなんぞを焼いてみたりしちゃいました。
「宝の持ち腐れ」だと言われ続けたオーブンレンジのオーブンを
購入して4年目にして初めて使用しました。

アイスボックスタイプのクッキーです。
COOKPADで検索したこちらを参考にしてみました。

・・・が、いろいろ試行錯誤して頑張ってみたものの
あんなに可愛い市松・渦巻き・マーブル模様にはどーやってもなりません。
どうも上手いこといかなくて途中で丸めては一からやり直しの繰り返し。
そのうちどんどん気分も盛り下がり・・・。(笑)

で、妥協に妥協を重ねてできたのがこれ(↓)。
クッキー

もうッ、ぜんっぜん可愛くなーーーい!

オーブンにお任せでちょいと焼きすぎてしまったのか、
見た目はこんなんですけど、味はそこそこイケますよ、そこそこ・・・ね。
何てったって分量通り、作り方通り、ですから。

旦那が「スゴイねー。お店ができるねー。」って褒めちぎってくれたのが唯一の救い。
さすが、ウチの旦那は妻の喜ぶツボを心得ています。
調子に乗ってまた作っちゃおっかなー♪

解雇通告、続々と・・・

旦那の会社では昨日も従業員への解雇が言い渡されたそうです。

今回の解雇通告を受けたのは日系ペルー人のRさんとブラジル人のMさん。
私は旦那と共にどちらのご家族とも食事をしたことがありますが、
旦那から日々の話を聞く限り、旦那を含めたこの3人は
人柄が良い、日本語もある程度できる、やる気もある、で
この会社の外国人従業員の中でのベストメンバーでした。
なのに、解雇なんて・・・。

こんな景気なので仕方がないとはいえ
会社側も「悪いね、また景気が良くなったら戻ってきてね。」と申し訳なさ気だったのだそう。
解雇する側だって苦渋の決断なのでしょうね。

日系ペルー人のRさんは奥さまのファミリーがこの近辺にたくさん住んでおり、
母国には親戚もおらずこのまま日本に永住だと思われます。
子供たちも奥さまファミリーの子供たちと違って
日本人社会の中で日本の公立学校に通ってるせいか
スペイン語も理解はできるも日本語しか話せず、ほぼ日本人。(そもそも日系ですし。)
奥さまも早々に解雇されて、今はレストランでアルバイトを始めたそうです。
そんなRさんも、こんなこともあろうかともう次の職が決まっているのだそうです。
以前は「もし解雇されたら、今まで払った雇用保険から失業給付をたっぷり貰う!」
と粋がってたのに・・・。
まさに「備えあれば憂いなし」!

ブラジル人のMさんはブラジル長期帰省中に結婚した若い奥さまと
その間に生まれた小さなお子さんを呼び寄せて3年目くらい。
知人が借りてくれていたお高いアパートから、
私の強い勧めでお安い公営住宅に引っ越したばかりでした。
これは不幸中の幸いでした。
最近、ご夫婦共に頑張って日本の自動車免許を取得し(Mさんは新規、奥さまは切替)
さぁ、これから!って時だったのに・・・。
ブラジルでは美容師としてしっかり自立していた奥さまは
日本語がまったくダメなうえに、日本に馴染めず日々ホームシックと戦っているのだそう。
お子さんも奥さまの意向で在日ブラジル人のためのプレ・スクールに通わせており、
日本にいながらブラジルなポルトガル語の生活を送っています。
おかげで、やはり奥さまも早々と解雇されてしまい、現在は無職。
今や日本での生活の方が長くなってしまったMさんには
ブラジルに帰って就職、も難しいところです。
そんなMさん、この先、女房子供を抱えてどうするんだろうか?

そんなこんなで
とうとう社内の外国人は旦那1人だけとなってしまいました。
(もちろんこの間、外国人だけでなく日本人従業員も何人も解雇されています。)

今朝、旦那は「(解雇通告を受けた2人の手前)会社に行きたくない・・・。」
と言いながら出掛けて行きました。
そりゃそうだよね、解雇されるのも嫌だけど、残って見送る側だって嫌だよね。

そんなションボリした旦那を見てる私だって嫌だよぅ・・・。

カキ食べる?

昨日の旦那とウチの母の会話です。

母  「今日、○○さんからカキいっぱい貰ったんだけど食べる?」
旦那「じゃあ、1個2個ください。」
   (ウチの母は何でもドッサリくれるので、いつも困ってます。今もミカンが山盛りにあります。)
母  「そんなにちょっとでいいの?焼いても、フライにしても美味しいよ。」
旦那「???フライして食べれますか?」
母  「そりゃあ、生でも食べれるよ・・・あれ???カキって貝の牡蠣だよ。」
旦那「あぁ~、果物の柿と思った。貝はいらないです。食べれないから・・・。」

2人の会話を隣の部屋で聞いてて、ちょっと笑っちゃいました。

普段の生活での日常会話には困らない旦那の日本語ですが、
柿と牡蠣、橋と箸とか、微妙なイントネーションンの聞き分け・使い分けはまだまだです。

病気における(食)文化の違い

昨日の続きです。

不況の中の負の連鎖(?)で風邪をひいてしまった私ですが、
そうそう悪いことばかりではありません。

だって風邪をひいて寝込むと、もれなく家事が免除になるんですもの♪
病人は体を休めることが仕事。
誰にも遠慮することなく、ひたすらベッドの中でぐーたらできます。
もちろん食事は上げ膳据え膳。
根っからのアルチ・マンチェ(アルチ(怠惰)+マンチェ(人間)=怠け者)の私にとっては、
ありがたい限りなのです。
夢のような女王様生活です。

不幸にも(?)そんな嫁をもらってしまった旦那は
せっせと介護・・・いやいや、看護をしてくれます。
こんな時、つくづく「この人と結婚して良かったなぁ~。」と思うのですが
ひとつだけ国際結婚ならでは(?)の困ったことがあります。

それが食事。
作ってくれるのは大変ありがたいのですが、
こんな病人にもガッツリ!ネパリ飯(カレー)なんです。
これには正直参ります。

確かにネパールの我が家では誰かが病気で寝込んでいようが、
食事は普段通りの唐辛子のバッチリ効いたカレーを一緒に食べてました。
日本だったらカレーなどの刺激物はご法度で、
消化のよさそうな「お粥」とか「雑炊」とか「うどん」ですよね?
まぁ、カレーしか作れないガイジンの旦那に雑炊やうどんを作らせるのは無理だとしても、
お粥くらいは作れるんじゃないのかい?

そういや、以前ネパールに長期滞在していたとき
着いて早々にインフルエンザにかかってしまったんですが、
旦那に「何か食べたいものある?」と聞かれ
「お粥が食べたい。」とリクエストしたんです。
数時間後、旦那が持ってきてくれたのは・・・
ご飯をダル・スープ(あの、ダル・バートのダルです。)で煮込んだお粥でした。

こんなこともあろうかと、あれほど
「ご飯とお水と塩をちょっとでフツフツ煮たの、だよ。」と念押ししたのに・・・。
家でアマ(=お母さん)が、「それじゃあ栄養がない!」と
当時ただの日本人ツーリストだった私のためにアマ自ら率先して作ってくれたようです。
ただでもあのダル・スープが苦手なのにダル・スープのお粥なんて・・・トホホ。
アマの手前、(お粥の入った)お弁当箱を空にしないと帰れない旦那のために
泣きながら頑張って食べましたとも!
と、何ともありがた迷惑な思い出もありましたっけ・・・。

ちなみにネパールでの風邪っぴきさんへのご法度は、「冷たいもの」。
冷たいものを飲む→風邪をひく、くらいの勢いです。
そんなの日本で医者から聞いたことないけど、
科学的に証明されてるの???
・・・どうも怪しい。

そんなこんなで、
結局、旦那が作ってくれたカレーは翌日のお弁当にして持って行くことにし、
その日は冷蔵庫にあったお豆腐をそのまま冷奴で食べました。
病人にはこれで十分。
もちろん旦那は「冷たい豆腐はダメだよ。」って怒ってましたけどね。

普段は国際結婚なんてほとんど感じさせない生活を送っておりますが、
こんなときは国際結婚における(食)文化の違いをヒシヒシと感じさせられますね。
今後のためにも旦那に日本の病人食の作り方くらい教えておくべき???

不況の中の負の連鎖?

昨日、風邪をひいて会社を休んでしまいました。

風邪の原因は会社。
ものすごく寒いんですよ、これが。
朝夕はもちろんのこと、曇って(雨で)太陽の出ない日は1日中寒いんです。
会社なら冷暖房完備でしょ?って思いますよね?
もちろん冷暖房完備なんですけど、
我が社もこのところの不況のあおりを受けておりまして
今年から業績の悪い部署は電力30%カット。
(なんじゃ、そりゃ?)

たかが30%と高をくくっていたのですが、
その効果が顕著に現れたのは唯一エアコンでした。
現在、温度の設定を無理やり最高の28度に設定してあるのにもかかわらず
朝夕は21度くらいまでしか上がりません。
その温度もエアコンのコントロールパネルに表示されている温度で
この天井の高いオフィス内のいったいどの辺を計測しているのか分かりませんが、
私たちのデスクの高さの辺りではどう考えてもそれ以下、たぶん10度台。
だってずっと座ってると足の指の感覚がないんですもの。
ホント、冷えてます、そして寒いです。

晴れている日は暇を見つけては陽のあたる窓際などで暖をとり、
曇りや雨の日は上はコートを羽織り、下はショールをひざ掛け代わりにし、
ひたすら冷えと寒さに耐えるのです。
これじゃ、ネパールと変わんないじゃーん。(泣)

最初のうちは何とか耐えてましたが、それももう限界。
夕方から頭痛がしてきて、それからだんだん熱っぽくなってきて、
そしてとうとうとうダウンなのでした。
こんな私を筆頭にこれからも我が会社では
風邪っぴきさんが続々と増えるのではないか?と、ちと心配な日々です。

懐も寒ければ、外も寒いし、会社も寒い、
あぁ~、不況って嫌だーッ!

VIVA!道の駅

今日は週に1回の買い出しの日でした。

人ごみが嫌いで、並ぶのも嫌いなので、
こんな平日の真っ昼間に1週間分の食材を買い出しに
毎週せっせと出かけているんです。

この買い出しにはお決まりのコースがありまして、
最初に行くのは車で10分くらいのところにある「道の駅」。
野菜と季節の果物はほぼココで買います。
以前はお米もココで買ってました。
(今は農家さんから直接1年分のお米を分けていただいています。)

これがまたスーパーよりお安いんですよ。
こんなに買っても1000円ちょっと。
うぅ~、安いッ。
買い出し

商品には生産者さんのフルネームが記載されており、
壁にはそれぞれの生産者さんたちの顔写真が貼ってあります。
なのですべてが国産どころか地元産なので、安心です。
(ちなみに私は食材もあまり国産に拘る方ではありませんが・・・。)
ある意味、贅沢ですよね~。

ジャガイモ、タマネギなどの保存ができて消費しやすいものは
ココで大量にまとめ買いしています。
できることならダンボールで箱買いしたいくらい・・・。(笑)

あとは手作りのお漬け物をはじめ
ジャムや切干大根などの保存食などなどもなかなかイケます。
今日は芋切(いもきり)を見つけて、大喜びで買っちゃいました。
ご存知ですか?芋切。
さつまいも(かぼちゃ芋)を盾に薄くスライスして
この季節の寒風にさらしながら干したものなんです。
美味しいですよ~。

・・・と、こんな道の駅は私のテーマ・パーク。(笑)
旅先でも道の駅の看板を見つけると、ついつい立ち寄ってしまうんですよね~。
何だかワクワク♪しちゃうんです。

ひとつ難点なのが、欲しいものが必ずあるとは限らないこと。
基本的な食材であるジャガイモ、タマネギ、ニンジンでさえ
フツ~にないことがありますからね。
なので、あったときにまとめ買いしておくのです。

で、ココで足りない野菜や肉・魚は近所のスーパー・マーケットへ。
週1だし、平日の昼間なので、
特売やタイムセールに参加できないのが残念なところ。
まぁ、仕方ないですね。

あとは生活用品を買いに薬局へ寄ったり、
猫たちのご飯やトイレの砂を買いに行って、買い出しは終了です。

そんなこんなで、
せっかくの休みなのに買い出しで半日が終わってしまうのは
少々悲しいものがあります。(泣)

他の主婦の皆さまはどうされているのでしょうか?

我が家に地デジがやってきた!

とうとう買っちゃいました、地デジ対応の液晶テレビ。
(えぇ、今さらですが・・・何か?)

今まで、地デジに移行するまでにはネパールへ移住になるだろうと考えていたので
この○○年モノのブラウン管テレビで何とか頑張ってきました。

・・・が、このブラウン管ちゃんも限界とまでは言いませんが、
だいぶ老朽化してきて、電源を入れてすぐは画面がぼやけるようになりました。
私的にはこれくらい全然不便ではないんですけどね。(笑)
当初予定していたネパールへの移住も当分先になりそうだし、
ちょうど先月、私たちが住むこの田舎でも地デジ放送が開始されたことだし、
ここらが替え時かな?と。

ようやく重い腰を上げて、電器屋さんへGO!
我が一族の家電製品はすべて親戚の叔父さんが働いている電器屋さんで購入しています。
他の電器屋さんより高かろうが、すべてココなのです。
多少のディスカウントもありますし、
何より我が家のことを知りつくしてくれているのでアドバイスが適格で
融通も利かせてくれるところが助かります。
てか、要はお任せなんですけどね。

私たちは特に家電に対して拘りはないので
「とりあえず地デジ対応、サイズは26型、他は一切いりません。」のオーダーで
一発でシャープのAQUOSに決まりました。
叔父さんはガイジンな旦那に
「これは亀山モデルって言って、メイド・イン・ジャパンだよ。」と繰り返してましたけど、
ウチの旦那はそれにも特に拘りはなく「ふ~ん。」って・・・。(笑)
やっぱり他のガイジンさんたちは日本製に拘るんでしょうかね?

さっそく今日、取り付けに来てもらったんですが、
今までの○○年製のブラウン管ちゃんと比べるのもなんなのですけど、
やっぱりイマドキの液晶ちゃんは画面が鮮明で綺麗ですねぇ~。
古くてボロい我が家に真新しいテレビがあまりにも不似合い過ぎて
何だか違和感アリアリです。(笑)

我が家の5匹の猫たちも
「何やら新しいモノがやって来たぞ!」とばかりに
代わる代わる匂いをクンクン嗅いでました。

旦那はさっそくリモコンを握りしめ、
増えたチャンネルをチェックしながら「映画とかスポーツのチャンネルないの?」と言っています。
・・・そんなのビンボーな我が家では契約しませんからッ!

今回は久々のお高い買い物に、キンチョーして現金を支払う手が震えました。(笑)
必要経費とは言え、この不景気にイタイ出費です。

ラッキー・マンチェ

昨夜、旦那とレイトショーを観に行ってきました。
ちなみに映画は「ミラーズ」です。

映画館の上映時間までちょっと時間があったので
併設されているショッピング・モールをブラブラしようということになりました。
すると、何気なく入った靴屋さんで旦那に似合いそうな靴を発見。
旦那は日本で買った靴を、ネパールへの里帰り中にすべてダメにし、
現在、ネパールで買ったダサ~い靴を履いているんです。
これを何とか阻止するべく「この靴すごく似合うと思うけど、どう?」と旦那に尋ねると
まんざらでもないご様子。
ちょっとお高めだけど、ここはちょっと奮発して買っちゃいました。

レジでお金を払いながら「あ~、映画観に来たのに靴買っちゃったね~。」なんて言ってたら
お店の店員のオジさんが「今、2階で福引やってるから、この券持って行きな。」と
福引の抽選券を4枚くれました。
もう、映画の上映時間も迫ってるし、なかなか来ることもないから
いつもの私だったら「あぁ、結構です。」なんて断ってるんだけど、
何となく「じゃあ・・・。」って貰って、旦那と急いで抽選会場へ行ってみました。

会場へ行ってみると真っ先に目に入ったのが、でっかい新巻鮭。
「いやぁ~、コレ当たったら困るねぇ・・・。」
お互い鮭は好きだけれど、それは切り身になっているものの話。
鮭1本貰っても、箱から出せないし、触れないし、触りたくないし・・・。
こーゆうヒト、私たちだけではないのでは?

旦那はちょっとだけくじ運が良くて、あちこちで小物を当ててくるんです。
あくまでも小物ですよ。
来日1年目の12月、私のための誕生日ケーキを受け取りに行った時に
そこで引いた福引でクリスマス・ケーキをゲットして来たのをはじめに、
ちょこちょこといろんな物をいただきました。

そんな旦那、今回は4枚のうちの1枚が「F賞」だそうで、
「1000円分の商品券」をいただきました~♪
さすがラッキー・マンチェ(=人、人間)。
腹黒な(?)私と違って、無欲な人間には福が来やすいのでしょうね。(笑)
その他の3枚はポケット・ティッシュ。
とりあえず新巻鮭じゃなくて良かったです。
もちろん、ちゃんと靴屋のオジさんにもお礼を言って来ましたよ。

肝心の映画は、ちと怖かったです。
もうすぐ(怖い)何かがあるって分かっちゃいるんだけれど、
その都度ビックリして思わず「おぉッ!」って声をあげてしまって
旦那が隣で馬鹿ウケしてました。(笑)

なんでだろ~♪な旦那

ウチの旦那、日本のTV番組はほとんど見ないのですが、
唯一見るのが格闘技とバラエティー番組、それもお笑い系。
その中でも「リンカーン」「エンタの神様」「爆笑レッドカーペット」は
我が家の3大観賞番組となっております。

旦那もすべての日本語が分かるわけではないので
お笑いのネタのすべてが理解できるわけではありません。
が、ガイジンな旦那にも何かが面白いんでしょうねぇ~。
気になったり耳に着いたギャグの言葉や、言い回し、パフォーマンスをマネするんですよ、
私や猫たちに向って。
そんな旦那の様は、まるで小学生の男子の様。
芸人さんの名前やコンビ名まではさすがに覚えきれないながらも、
最新のギャグはだいたい知ってますし、やってます。(笑)

そんな旦那が最近覚えて頻繁にやってる最新ネタは・・・
「なんでだろ~♪、なんでだろ~♪」って、テツトモ(←あ、「テツandトモ」ね)じゃんッ!
あらら、振りもちゃんと付いてるし。
てか、めっちゃ古いし。

私 「それ、誰が教えたの?」
旦那「キナ(=なぜ)?、面白くない?」
私 「いやいや、そうじゃなくて、それ、すっごく古いんだけど・・・。」
旦那「そんなことないよ。この前TVで初めて見せてたよ。」

あ・・・そうだ!思い出しました。
確かにやってました、元旦の昼間っからTVで。
テツトモの2人が例のジャージ姿で出てきた瞬間、
「あ、この人たち久しぶりに見た。まだ居たんだ・・・。」って思った覚えが・・・。

それをガイジンな旦那が見て一発で覚えてこうして喜んでマネしてるんだから
よっぽどインパクトがあるんですね、彼らのあのギャグ。
そりゃあ~2003年当時、
日本全国の老若男女が「なんでだろ~♪なんでだろ~♪」って腕をクネクネしちゃって
流行語大賞にもなっちゃうワケだ。
恐るべし、テツトモ。

・・・なのですが、例えどんなに面白くてインパクトがあるギャグでも
一応その時代の「流行」ってものもあるし、
「これを今の日本でやっちゃうと自分が恥ずかしいことになるよ・・・。」とやんわり説明し、
お外では禁止ってことにさせていただきました。

そんなこんなで旦那は現在この古いギャグをウチの中で頻りに繰り返し、
私にはウザがられ、猫たちには猛ダッシュで逃げられています。

こんなにも旦那の心を鷲掴みにしてしまったのは「なんでだろ~♪」

伊豆高原へ行ってきました♪

昨年末の慌しい中、書くだけ書いてアップするのを忘れてました。(汗)
私の年末年始休暇の第一日目から1泊、旦那と2人で旅行へ行ってきました。

今回お世話になったのは伊豆高原にある「シェンロン」さんです。
(ちなみにミクシィにも「シェンロン」コミュがあります。)
こちらに伺うのは実は2度目、今年の1月上旬以来の初めてのリピートです。

そもそもこのシェンロンさんに辿り着いたのは
「旦那と温泉に入りた~い♪」という、ささやかな私の希望から。
そこで問題が・・・、
温泉と言えば楽しみなのはお風呂(お湯)とお料理ですよね。
お風呂はともかく、うちの旦那、温泉旅館に出てくるあの和食の宴会メニューが苦手なんです。
山のメインはだいたい山菜か○○牛、海のメインは新鮮な魚介類。
ヒンドゥ教では牛は神様、神聖な動物なので食べたくないと言うし、
旦那は生モノ(野菜・肉・魚)をはじめ、タコ、イカ、貝類が食べられません。
これじゃあ、温泉旅館の食事は楽しめませんよね。

そこでネットで検索したのが、お料理が「イタリアン」か「中華」のお宿。
何軒かヒットした中で中華料理のシェンロンさんに決めたのはリピータさんの多さでした。
その口コミ情報によると
お風呂良し、お料理良し、オーナーご夫婦の人柄良し、と3拍子揃ってるじゃありませんか。
(実際に行ってみて、まさにその通りでした♪)
お風呂は大浴場ではないけれど2人一緒に入れる貸切露天風呂だし、
中華料理はほとんど火が通っているしで旦那も大好きです。

実際、今回もお風呂はあまりの気持ち良さに
夕食前に1回、夕食後に1回、寝る前に1回、朝食前に1回と合計4回も入っちゃいました。
お湯が良いせいか、体がずっとホクホクなままで、お布団に入った後もずっと汗だくでした。

お料理もご主人が作る夕食の中華料理フルコース、朝食の中華粥も本当に最高でした。
朝の中華粥なんて毎日食べたいくらい。
そうそう、ここのお料理、食べると新陳代謝が活発になるようで、ここでも常に汗だく。

話が前後しますが、前回伺ったときもお正月休み中だったのですが、
高速道路は事故渋滞だし、一般道も自然渋滞だし、道にも迷ったしで、
ちょっと遅めに到着してしまって私的にはちょっと不完全燃焼気味でした。
なので今回は頑張って早起きして早めに出発したら
東名高速道路の富士川SAでクッキリ見えた富士山を
1時間近くも2人でベンチに座ってボ~っと見て過ごしたにもかかわらず、
ほとんど渋滞もなく、道にも迷わなかったせいでチェックインの1時間前に到着。

とりあえず車だけ駐車させていただいてちょっとその辺を散歩でもと思いきや
お天気もよく、風もなく、とっても気持ちよく歩くことができてしまって
うっかり約2時間もかけて一碧湖をゆっくり1周して来てしまいました。

こんなにも歩いて、温泉&料理でもこんなにも大量の汗をかいたのに、
1グラムも痩せないのはなぜに???

そんなこんなで旦那も
温泉で疲れを取り、お腹一杯美味しいお料理を頂き、
部屋に戻るなり朝まで大爆睡・・・で、久々にのんびりできたみたいです。
(ずっと運転手役、お疲れ様でした。)

是非、また行きたいです♪

あけましておめでとうございます。

旦那がネパールから来日してから4度目のお正月です。

そんな我が家ですが、
今年は4度目にしてようやくお家で2人だけでの年越しを迎えることができました。
あ~、やれやれ・・・。

・・・と言うのも、毎年、大晦日になると旦那宛てにネパ友たちから
カウントダウン・パーティーのお誘いの電話がジャンジャンかかってくるんです。
1年目は初めてのお正月と言うこともあり夫婦二人で参加したりもしましたが、
ネパリならではのドタキャンや段取りの悪さに呆れ、途中で帰ってきちゃいました。
結局ただの飲み会だけでカウントダウンもしなかった・・・ってゆーか、
年越しの瞬間さえも気づかなかったみたいです。(苦笑)

2年目も旦那はネパ友たちとパーティーへ。
私は旦那をお迎えに行きつつちょこっとだけ参加してすぐに帰ったのですが、
そのあと大量のお酒が入ったネパリ同士のケンカが始まり大変だったそうです。

昨年の3年目も旦那は懲りずにネパ友たちとパーティーへ。
私は当時出産を間近に控えたプンティ(←我が家の猫です。)のために家で待機と、
夫婦別々の年越しを迎えました。
しかも、終電が終わっちゃったとか何とか言って朝帰りなんですよ。
おかげで元旦に予定していた初詣も行けず、まさに寝正月でした。
さすがの私も元旦早々怒りましたよ。

で、今年は例年通りネパ友たちからのお誘いの電話の対応をしている旦那の隣で
私がギロリッと睨みを効かせていたおかげ(?)で
お家でテレビを見ながら5匹の猫たちと穏やかな年越しを迎ることができました。
旦那にはちょっと可哀相だったかな・・・。

と、そんなこんななお正月を迎えております。
さっそく、これから旦那と2人で初詣に行ってきます。


今年もより一層良い年になりますように☆

プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。