スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中豪雨@愛知

昨日の集中豪雨、凄かったですねぇ。

おかげさまで我が家方面は大丈夫でしたが、
警察やら消防の車のサイレンがひっきりなしに聞こえてました。
ホント、静かな街が大騒ぎでした。

昼間は雨がホントにザーザーで、夕方から天気が回復したと思ったら、
夜は夜で雨は降らなかったもののカミナリのスゴイこと、スゴイこと。
ずっと光っては、バリバリ、光っては、バリバリの繰り返しでした。
まぁ、私たちは普通に寝ちゃいましたけどね。

今日も会社に行く途中、田んぼのあぜ道でハマっている車を何台か見ました。
こんな豪雨の中、何で一番水が溜まりそうなあぜ道に入っちゃうかなぁ?と思ってたら、
友達の車もハマっちゃったらしいです。
幹線道路が道路の冠水などで通行止めやら何やらで渋滞してたから、
抜け道を通ろうと思ったらハマった・・・んですって。
・・・アホです。

そういえば何年か前に名古屋で大雨が降ったとき
名古屋駅で身動きが取れなくなり難民生活を送りかけた一人です。
友達から携帯宛にジャンジャンお見舞いの電話が掛かってきたおかげで
唯一の生命線である携帯の電池が残り少なくなるし、
そのうち携帯さえも繋がりにくくなるしで、それはもうビビりました。

ホントはそのまま名古屋駅で一晩を明かすハズだったんですが、
親切にもわざわざ夜中にタクシーを捕まえて
名古屋駅まで迎えに来てくれた人(←もちろん女性ですよ。)がいて
翌日の電車が動く時間まで彼女のお宅で
非難生活を送らせていただいたという経験があります。

あの時はホントに駅で一人ぼっちで心細くって、
迎えに来てくれた彼女を見て涙が止まりませんでしたよ。
ははは・・・今となっては良い(?)思い出です。

みなさま、くれぐれもお気を付けくださいませ。
スポンサーサイト

Elliott Yamin in Billboard Live OSAKA

ビルボードライブ大阪

いやぁ~、ただただ良かったです、
エリオット・ヤミンのビルボードライブ大阪でのライブ。

とにかく初めてなので、もう舞い上がっちゃってほとんど記憶がありません。
あっと言う間に終わっちゃった気がします。
2ndステージも見られたら、もっと落ち着いてじっくり聴けたのに・・・残念。
来月の渡ネさえなければ、翌日も休みを取ってゆっくりできたのにぃ・・・、
渡ネのバカ、バカ!(笑)

生エリオットの印象は・・・
出てきた瞬間「おぉ~、ガイジンだ。」と率直に思ってしまいました。
まぁ、普段私もガイジンと一緒に暮らしてはおりますが、
同じアジア人ということもあり旦那にはガイジンって意識が薄いんですよね~。

で、想像してたより背が低めでしたが、
顔が小っちゃくて、モジャモジャ・ヘアーが素敵でした。
大人の男性に言うのも何ですけど、CUTEで可愛い感じ。
でも個人的には隣にいたギターの彼(何て名前でしょう?)の方が好みかな。

あとは、ホントに歌が上手い。
そしてパワフル&ソウルフル。
そしてそして最後の最後までとっても大切に丁寧に歌うヒトでした。
言葉なんて分からなくても、歌い方や表情ですごく伝わってくる感がありました。
マジ、エリオット最高!です。

ひとつリクエストをするならば、
初めてのライブなのでアドリブっぽくなくCDで聴くのと同じように歌って欲しかったな・・・と。
だって一緒に歌いたいんだもん。

こんなAMAZINGなヒトトキをくれたエリオットと、
大阪まで快く送り出してくれた旦那に感謝、感謝です♪

いざ、大阪へ!

今から大阪に行ってきます。
そう、エリオット・ヤミンのライブのためにビルボードライブ大阪に行ってくるんです。
ひゃっほう~♪
(大阪は土地勘がまったくないので内心ドキドキなんですが・・・。)

ずいぶん前にFMで聴いて一目惚れ(一耳惚れ?)して以来ずっと気になってて
4月くらいにようやく日本デビューを知り、日本版CDの発売とともにCDをゲット。
そうこうするうちに日本で初めてのライブ・ツアーをすると聞いて
これもまたチケット発売とともに会社のコンピューターでポチっとチケットをゲット。
で、ようやくこの日になりました。

エリオットにはアメリカのTV番組「アメリカン・アイドル」時代から見守っている
熱烈なファンが多いようなので、負けないように応援してきます。

ちなみにインドにはこの「アメリカン・アイドル」をパクったと思われる、
「インディアン・アイドル」なるTV番組があったりします。
(何でもパクるところは中国と同じですね・・・。)
昨年(だったかな?)インド国籍のネパール人が大接戦の末に優勝したそうで
今月の初めにこの愛知県にも凱旋(?)コンサートにやってきたそうです。
その際、在日ネパリたちがコンサート会場まで大型バスをチャーターしたとか、しないとか・・・。
なかなか大盛況だったらしいですよ。
恐るべし、インディアン・アイドル・・・ですね。

実はワタクシ、外国人アーティストのライブは初めて。
エリオットはアメリカ人なので、もちろんライブ中のMCは英語ですよね?
もひとつ、実はワタクシ、フツーの日本人なんで英語はチンプンカンプンです。(笑)
ネパール語の方がまだ分かりやすいかも・・・ってなレベル。
日本に住んでる限り、英語なんて必要な~いと呑気に思っておりましたが、
やっぱ必要でしたね。
まさに後悔先に立たず・・・です。

でも、思いっきり楽しんできます♪

渡ネの憂鬱

ネパールへの里帰りが近づいてきました。
ぶっちゃけ憂鬱です。

旦那の家族にはすっごく会いたいけれど、ネパールに行くのがねぇ。
なんせワタクシ、ネパリの嫁のくせにネパールが好きではないもので・・・。(笑)

あ~ぁ、旦那の家族が日本に来てくれたらいいのに・・・なんて思ってみたり。
それはそれで経済的にも精神的にも大変でしょうけど。
それ以前に旦那の家族は日本に行きたいなんて絶対に言わないし。

以前、ネパールに長期滞在していたとき、
アマ(=お母さん)に「日本に来てみたい?」と聞いたことがありましたが、
「ナイ、ナイ、ナイ!(=嫌、嫌、嫌!)」とすごい勢いで嫌がられた記憶があります。
こんなヒトたちなので旦那の家族の来日はあり得ません。
なので、私たちが里帰るしかないのです。

今回の渡ネは旦那にとっては2年ぶり、
私にとっては約5年ぶりでネパールで結婚したあと、初めての渡ネです。

5年ぶり、といえば・・・
私たちが結婚するにあたって旦那から1つだけ条件がありました。
旦那はネパールの家族にとって大事な大事な一人息子なので
「将来はネパールに住むこと」です。
さすがに結婚してそのままネパールに住むのは経済的にも精神的にも厳しいし、
日本人を嫁にもらう旦那にも日本を知ってほしいし日本の家族を知ってほしいということもあり
旦那をこの日本へ無理やり連れてきたのです。

それには旦那の家族に了承してもらわなければなりません。
旦那の家族はジャパン・マネーよりも家族が一緒に住むことの方が大事なヒトたちなので
説得するのに半年くらいかかりました。
(ネパールの家族はジャパン・マネーなんて要らないと言いますが、
ガイジンの私にはそのジャパン・マネーがとっても必要なんですよ。)
渋々ながらも了承してくれたのは婚姻成立後、私が先に日本へ帰国する数日前で、
了承の条件は「5年経ったら帰ってくること。」でした。

そう、その5年の期限がもうすぐやってくるのです。
どーなる私???
さすがにこの里帰りが移住に変わることはないでしょうが、
次の里帰りは里帰りじゃないかも・・・と思うと、ますます憂鬱です。
ま、日本に住む夢はまだまだ捨てませんけどね。(笑)

そんな憂鬱な気分をちょっとでも盛り上げるために
今日『地球の歩き方/ネパール』を買ってきました。
D29 地球の歩き方 ネパール 2007~2008 (地球の歩き方 D 29)D29 地球の歩き方 ネパール 2007~2008 (地球の歩き方 D 29)
(2007/06/16)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る

これから渡ネまでの間、これを見ながらイメージ・トレーニングに励みます。
こうでもしないと渡ネに打ち勝てそうにありません。(弱ッ)

職場のオバさんの愚痴

いつもなら会社での事は家に帰るまでに忘れてしまう単純な私ですが、
あまりにもムカついたのでこの怒りを家まで持って帰って来てしまいました。
なのでブログで発散させてください。

他人の愚痴なんて聞きたくない!って方はスルーしてやってくださいませ。


・・・では、さっそく

今の職場は総勢20名で、私を含めて3名だけが女性です。
そう、典型的な男性社会、男性優位な職場なのです。
そんな職場なので男性(普段はナイショで“あんぽんたん”と呼んでいます。)どもは
女性をちょっと見下していていると思われることが多々見受けられます。

なので私は女性にだからこそできる気配りは大事にしつつ、
「だから女は・・・」と言われないような行動に人一倍気を配っているのです。
気配りに関しては仕事としてすることは気を付けていますが、
好意としてすることなどは、あえて“やらない・やってあげない”こともあります。
全部やってるとそれが“当たり前”になり、私の仕事になってしまうからです。

で、問題の職場のオバさんの話。
彼女は20年以上パートとしてこの職場で雑用的な仕事をしています。
年齢はもう還暦を過ぎていて、私と同じくらいの子供もいて、
お孫さんにも恵まれているおばあちゃんです。
雑用と簡単に言ってしまいましたが結構体力勝負なところと繊細なところがあり、
20年以上のキャリアがある彼女だからこそできる仕事で、
職場では縁の下の力持ち的な重要な役割を担っています。
年齢的なことも含めて非常に良くやってくれていると思います。
(私が言うのも何ですけど・・・。)

でも、超自分勝手。
彼女はこの土日に娘さんとお孫さんが遊びに来るとのことで会社を休みました。
で、今日はようやく出社したのですが、今日も休みたいと言うのです。
理由は「土曜日から遊びに来ている孫が帰りたくないって言って、帰らないんです。」って。
「はぁ?」じゃありませんか?
話を聞いてた職場の人たちもみんな唖然としていました。
呆れてた・・・と言ったほうが正しいかな。

以前にもこんなことがありました。
仕事中に彼女の携帯が鳴りました。
相手は娘さんでした。
電話を切ると急に彼女は「ちょっと今から(仕事を)抜けてもいい?」と言って
車で出掛けてしまいました。
娘さんがお孫さんたちと何処かに出かけた帰りに彼女のところに寄りたいから
駅まで迎えに来てくれ・・・との電話だったらしいです。
親が親なら、娘も娘です。

そんなこんなで彼女はよく休むし、遅刻・早退も当たり前。
その度に仕事の予定が変わり、いろんな人が振り回されます。
でも職場の人たちは何も言いません。
なぜなら彼女は“女だから”です。
あんぽんたん達は、女(特に主婦)は「仕事を軽視している」と常に見下しているからです。

同じ女として、主婦としてそう思われるのはとても悔しいですが
彼女を勤務態度を見ていたら納得せざるをえません。
たとえば、旦那さんやお子さん関連のこと(病気の看護や学校の行事など)とか
主婦ならではのお付き合い関連(冠婚葬祭や町内の行事など)なら
私だって仕方ないと思いますが、嫁に行った娘やその孫が遊びに・・・って。
しかも事前に・・・ならまだしも、急に・・・って。
おまけに彼女の旦那さんは一昨年に会社を定年退職されて
元気にご自宅で悠悠自適生活を送っておられるんですよ。
急な用事は旦那さんに任せたらよくないですか?

もう彼女の場合、例を出したらキリがありません。
ただでさえ男性優位な会社なのに
女として、主婦として、ホントに肩身が狭いです。

今の会社に入社する前は女性ばかりの職場で
女ならではのシガラミをサラッと交わしつつ伸び伸びやってきたので
男性社会の中の女性ってのは逆に面倒臭いですね。

あ~、ちょっと愚痴ったらスッキリしました。
この愚痴がシリーズ化しないことを祈ります。(笑)

「ご飯」作って待ってます♪

いつものように家事を一通り終えて出かけている旦那から、
さっき電話がありました。
ちなみに私は仕事から帰ってきて一休みしているところでした。

「今、友達と一緒にいつものレストランに来てるよ。
まだ帰らないけど、ご飯作って待っててね~。」だって。
何だかえらく楽しげでした。

そこでふと思ってしまったのです。
仕事から疲れて帰ってきている私が、
休みで遊んでる、しかもいつ帰って来るのかも分からん旦那に
何でご飯作って待っていなければならんのだ?と。

いつもの私なら以前にも書いたように
旦那は週に1日しかない休みに家事をやっておいてくれる良く出来たヒトなので
そんな良く出来た旦那に感謝の意味を込めてご飯を作って待っていたんですが、
疲れているせいでしょうか?それともムシの居所が悪かったのでしょうか?
何なんでしょうねぇ・・・自分でも分かりませんが
今日に限って、ふとそう(↑)思ってしまったのです。

でもよ~く考えてみたら、そうじゃありませんか?
休みで遊んでるのに、仕事から帰ってきた私にご飯作って待っててって
ちょっとおかしくないですか?
休みな旦那に私のご飯作って待ってろとは可哀想なので言いません。
せめてどーせ友達たちと飲んで遅くなるんなら
ついでにご飯も食べて帰ってきたらいいじゃないですか。
じゃなかったら、帰ってから自分で作って食べてくださいよ。
・・・とは、旦那には言えませんでしたけど。

とりあえず、ご飯だけ炊いておきました。
(だって「ご飯」って言ってたもんね~♪)
あとは自分で勝手にやってくださいな。

・・・って、こんな私って鬼嫁でしょうか?
やっぱり鬼嫁ですよね。

旦那が帰ってきたら謝ることにします。
ご飯しか作ってなくて、ごめんね・・・って。

やっぱりご飯しか作らんのかーい!(by髭男爵)
だってもう今さら面倒臭いんですもの・・・ごめんね。

国際結婚、日本の姓?旦那の姓?

先日申請した私のパスポートをいただいて来ました。
残念ながらお見せすることはできませんが、
ちゃんと名前の姓のところにカッコ書きで旦那の外国性が入ってました。

姓 YAMADA (SUMITH)
名 HANAKO

・・・と、まぁこんな(↑)感じです。

このカッコ書きの外国性はパスポート上の印字だけで
内蔵されているICチップの情報には出てこないのだそうです。
実際にパスポートをいただくときに確認しましたが、
姓 YAMADA
名 HANAKO
・・・としか出てきませんでした。

で、実際に旦那の姓が入ったパスポートを手にしてみてどうかというと、
意外にも「ふ~ん。」って感じでした。
自分でももうちょっと感動するかと思ってたんですけどね。(笑)

これに関して旦那は・・・と言いますと、
これまた無関心で「ふ~ん。」って感じでした。

国際結婚では日本人同士の結婚と違い夫婦別姓が許されていて
今までのまま自分の姓でいるか、旦那の外国姓に改名するかを選択する際にも
旦那は「○○(←私の名前)が使う名前だから、自分で決めて。
名前は何でも(私たちの結婚生活には)関係ない。」と言ってたくらい。

まぁ、確かにねぇ・・・。
実際、旦那の家族はなぜか姓がビミョーに違うんですよ。
理由はよく分かりません。
バー(=お父さん)と旦那は同じ姓で、
アマ(=お母さん)とバヒニ(=妹)は同じ姓だけど、バーたちとは違うんです。
もちろんバーとアマは夫婦だし、バヒニはバーとアマの実の子供です。
なのでバヒニのナガリクタ(=ネパールの身分証明書)には
バヒニの姓の後ろにやっぱりカッコ書きでバーの姓が記入されているんです。

一見ややこしそうな家族ですが、家族としてガッチリひとつにまとまっています。
そんななので、旦那にとって姓はどうでもいいのだそうです。

と、そんな旦那の家族と反対に、私の日本の家族はそうはいかず・・・。
なにしろ我が家は田舎なので名前とかそーゆうモノは何よりも大切なわけで、
日本の名前を残したものの、田舎ならではの面倒臭いシガラミも多々あったり・・・。
そんなことならいっそのこと旦那の姓に改名しちまったほうが、
手っ取り早くて分かりやすいのではないか・・・と悩み中。

そんなこんなと他にもいろいろあって今回は5年のパスポートにしてみました。
パスポート
これがお得となるか、はたまた無駄となるか・・・。

個人的には今の日本の姓がいいんですけどね~。
あぁ~、どうする???私。

自慢のネパールの家族

昨日、旦那が「久しぶりに家(=ネパール)に電話したよ。」というので、
「ふ~ん、久しぶりってどこのくらいぶり?」と何気なく聞くと、
「1ヶ月ぶり。」と言うではありませんか。

ネパールの家族への国際電話は
来日して最初の1週間くらいは毎日、その後は毎週末、
半年くらい経つとだいたい2週間に1回くらいのペースで電話していたのまでは
何となく私も知っていました。
・・・が、何なんですか?1ヶ月ぶりとは。

私は旦那になるべく節約・倹約に心掛けるように言ったことはありますが、
ネパールへの国際電話代について節約するように言ったことは一度もありません。
それどころか足りなければ私がお金を出すのでいつでも言ってほしいと申し出ているくらいです。
もちろん我が家に経済的な余裕があるわけではありませんが、
大事な息子を渋々ながらも日本に送り出してくれたネパールの家族には
感謝の気持ちと、申し訳ない気持ちでいっぱいなので、
ネパールの家族の為ならばできるだけお金は惜しまないようにしたいのです。
なのに何なんでしょう、1ヶ月ぶり・・・とは。

理由は「話すことがないから・・・。」だそう。
えぇー?あるでしょう?たくさん。
毎日私に話してくれてるみたいに仕事のこととか、猫のこととか、
出かけたこととか、毎日私が作ったマズイご飯たべてることとか、いろいろあるでしょ?
「そんな普通のこと話しても意味ないじゃない?」とおっしゃいますが、
息子のことを心配して毎日神様にお祈りしているネパールの家族は
そーゆう日常の出来事が知りたいんじゃないの?
その日常を聞いて安心するんじゃないの?
ダメだよ、1ヶ月ぶりなんて!

「じゃあ、久しぶりに電話して何話したの?」と聞くと
「お土産何がいいかなぁ~と思って電話した。」のだそうな。

あ~ぁ、旦那は自分の家族なのに何にも分かってないね~。
旦那の家族は何かが欲しいなんて絶対言わないし、望んでいない。
息子が元気で帰って来てくれさえすれば、それでいいのだ。
旦那の家族はそーゆうヒトたちなのです。
そーゆう家族だったからこそ私は嫁になりたい!と思ったのです。
そんな旦那の家族は私の自慢でもあり、誇りでもあります。

「で、何が欲しいって?」と、私。
「息子が久しぶりに帰ってくるのに他に欲しいものなんてない。」って。
・・・やっぱりね。

私がネパールに通ってたころ
日本からささやかながらお土産を持っていくと
アマ(=お母さん)は必ず「私たちのためにこんなにお金を使わないで!」と怒ってました。
やっぱりニホンジンの私としては手ぶらでは、ちょっと・・・ねぇ。(笑)

旦那も周りの在日外国人の友達たちが
母国の家族に頼まれてデジカメやら、パソコンやら、i-podやら、
家電製品を次々に送っているのに触発され、
頼まれてもいないのにネパールの家族にデジカメを送ったことがありますが、
たぶん、使ってないと思います。(笑)
1・2度使ってみて、その後は箱に入れて大事にしまってある気がします。

コレ(↑)はあくまでも私の想像なので、来月ネパールに行ったら確かめてみますね。

働きマンチェ

旦那の夏休みが今日で終わります。

今年は来月に渡ネを控えているので
経済的にも、私のお休み的にも身動きが取れなくて、
結局旦那と一緒に遊べたのは海水浴のみ。

私は普通に仕事だったおかげで、
旦那は毎日1人ぼっちで相当退屈だったようです。

そうは言っても、一応毎日出かけてるんですよ。
出かけた先でネパ友たちと会って、お茶したり、ビール飲んだりしてるんですよ。
中には帰りが深夜になった日もありました。
傍から見たら楽しそうじゃありませんか?
それでも退屈だったんですって。
旦那の“楽しい”はイマイチ分かりません。(笑)

そんな退屈な夏休みの最中、旦那は毎日のように仕事の夢を見たのだそうです。
・・・どんだけ仕事人間なんですか?(笑)
しかもミスしたとか、怒られたとか、そんなネガティブな夢ばかり。
結構普段からこんな夢みてるんですよ、ウチの旦那。
ミョ~に責任感が強く、心配性なところ丸出しですね。

こんなところは私と真逆。
私は仕事が終わって会社の駐車場に着くころには、もうすっかり家モード。
家に着いたら仕事のことなんてスッカリ忘れちゃってます。
「キャー!朝寝坊して仕事に遅れちゃう~!さぁ、どうする???
頑張って遅刻しちゃう?それとも休んじゃう?」ってな夢はたまに見ますが、
具体的な仕事については夢に出てきた試しがありません。
その辺の切り替えはスイッチ並みに良い方です。

一方旦那はと言いますと・・・
「仕事の夢ばかり見て、毎日退屈だったら仕事していたほうがいい!」と
終いにはボヤく始末。
アナタはホントに働きマンチェだねぇ。
(「マンチェ」=ネパール語で人または人間、「働きマンチェ」=働き者)

ようやく明日からは旦那の大好きな(?)仕事です。
しっかり働いておくれよ、旦那さま。

親バカならぬ、猫バカ

旦那の親(猫)バカっぷりを見てやってください。

猫グッズ  猫グッズ

猫たちが遊ぶための「シャカシャカ通りぬけ袋」と、
(袋に通りぬけの穴が空いてて、スーパーのレジ袋のようにシャカシャカ音がします。)
3匹の子猫たちのための首輪、
そして(普段用ではなく)おやつ用のキャットフード数点を
自分のお小遣いをはたいて買って来やがりました。
・・・アホです。(笑)

今までいくつか猫たち用のおもちゃを買ってみましたが、
結局いつも遊んでいるのは
固く縛ったレジ袋と携帯用セロテープの芯、この2つ。
猫グッズ
今のところコレらに勝るものはありません。

猫たちが可愛いのはとっても分かりますが、程々にお願いします。

良く出来た夫と不出来な嫁

ウチの旦那は夏休みの真っ最中。

我が家の主夫(?)である旦那は午前中は敷地内の草刈り、
(なにしろ田舎で広いので“草取り”ではありません、機械でバリバリ刈るヤツです。)
午後からは(なぜか?)洗濯と掃除、
掃除なんていつもは部屋だけなのに、
夏休み期間中は廊下、階段、玄関まで綺麗にしてくれてあるんですよ。

その後、今日は仔猫たちの初めてのシャンプーもしてくれたそうで
私が仕事から帰ったとき、仔猫たちはシャンプーのいい香りに包まれつつ
せっせと毛繕いに勤しんでおりました。

そしてそして、キッチンからはスパイスのいい香りが・・・
なんと夕食まで作ってくれていたんです。
もちろん、ネパリ飯ですが。
(旦那はネパリ飯かチャーハンくらいしか作れないので。)

仕事から疲れて家に帰ってきた時に、旦那がいて、5匹の猫たちがいて、
部屋が綺麗になってて(ついでに猫も)、ご飯ができてるっていいものですねぇ~。

夏休みが明けたら、
旦那にもこんなふうに思ってもらえるように私も頑張らなきゃ・・・と、
普段のグータラぶりを改めて反省したのでした。

ホント、良く出来た夫を持つと、嫁の不出来が目立ちます・・・。(笑)

ゴールド・ジュエリー

私のジュエリー歴と言えば10代のころは断然シルバー、
20代に入り社会人になるとホワイトゴールド、
そのあとはプラチナ、小さいながらも石はダイアモンド・・・と、
ちょっとずつですがグレードアップしていました。

ネパールに通うようになってネパリと結婚したことによって
価値観も変わり、選ぶジュエリーもちょっと変わりました。
そう、今ではゴールドなんです。

ネパールでのジュエリーと言えばゴールド(24金または22金)が主流で
アクセサリーであるとともに、財産でもあって、
ゴールドのアクセサリーを担保にお金が借りられたりするくらい。

結婚した時にネパールで作った結婚指輪がゴールド、
しかも24金で金色もちょっと濃い目なので
何となく今まで買い集めてたネックレスやピアスに合わない気がしてたんです。
コーディネートが下手と言われればそれまでなんですが・・・。
そんなこんなで今では目に留まるジュエリーがすべてゴールド。

ここでちょっと問題が・・・
以前お話した旦那のパンツ同様、なかなかないんですよ、これが。
とりあえず24金はまったくナシ、22金はかろうじて1店舗に1・2点、
18金に関してはショーケースの片隅にちょこっとコーナー化されている程度、
しかもその80%くらいがピーチゴールドなんです。
今、主流なんですってね・・・ピーチゴールド。

昨年の私の誕生日に結婚5年目にして初めてプレゼントしてくれたのが
小さいダイヤモンドが1粒ついた18金のネックレスだったんですが
なかなか「コレ!」っていうのが見つからず
毎週末いろんなジュエリーショップに通い、
ようやく購入に至ったのは誕生日から3ヶ月後でした。

その後、それに合うピアスも欲しくなり
またもやあちこち探して回っていたんですが
いい感じのピアスを見つけちゃったんです、昨日。
いたって普通な18金のリングタイプのピアスなんですけどね。
「出会った時が買い時!」とばかりに久々の衝動買いをしようとした矢先、
一緒にいた旦那が買ってくれちゃいました。

ひゃ~、ありがたきシアワセ☆
ちょうど試着してたので、そのまま付けて帰りました。

旦那様よ、ありがとう&またお願いしま~す♪

海水浴に行ってきました~

旦那が来日して以来、毎年恒例となった海水浴に行ってきました。
海のない国ネパールから来た旦那のために、
日本にいる間に海の良さや楽しさを味わってほしいと、
私と伊勢志摩方面に住む私の友達たちとで毎年計画しているんです。

場所は鳥羽市の千鳥ヶ浜海水浴場。
千鳥ヶ浜  千鳥ヶ浜
一昨年の7月下旬に行った時にはスゴイ人だらけだったのに、
今年は結構空いてました。
人によってはビミョ~に平日だったからでしょうか?
おかげでのんびりできました。

旦那は都会の子なので基本的には泳げません。
(今ではカトマンドゥにもプールがあるようですが、
昔はプールなんてなかったし、泳げるような川もなかったようです。)
なので浮き輪を使って足をバタバタさせるのですが
基本的な“泳ぎ”(=進むための足の使い方)を知らないので進まないんですよね、これが。
この日はちょっと風もあっていくら頑張っても進みたい方向には行けず、
ほとんど波に流されてました。(笑)

ちなみに私を含めた女性陣は海には入らず
持参したテントの中でお菓子をポリポリつまみつつ
ずっとおしゃべりしてました。

その後、伊勢市にあるおかげ横丁の赤福で赤福氷を食べました。
伊勢神宮には何回も来ていますが、赤福氷を食べるのは初めてです。
赤福氷  赤福氷
こんな感じでふわふわの氷に抹茶シロップがかかってます。
そして中には赤福のあんことお餅が別々に埋まってるんです。
なかなか美味ですよ♪

何となく話の流れで旦那のぶんも注文してしまいましたが
実はウチの旦那、あんこもお餅も抹茶もダメなんです。(笑)
(和風スイーツはダメみたい・・・。)
赤福氷はまさに3拍子揃ってますよね。
旦那も半分くらいは頑張って食べてましたが、
あとは食いしん坊の友達がペロリと平らげてくれました。

その後、松阪市まで北上し松阪温泉熊野の郷に寄って
温泉でまったり過ごし、ご飯を食べて帰ってきました。

久々に旦那と一日中遊べて楽しかったです♪

頑張れ日本!頑張れネパール!

ちょっと出遅れましたが・・・
北京オリンピックの開会式、見ました?

私たち夫婦も開会式だけはちょっと興味があって
早めに夕食を済ませてテレビの前で待ち構えていたんですが、
日本と中国って1時間の時差があったんですね。
私も旦那もそうとは知らずに
日本時間2008年8月8日8時頃にはテレビの前に座って
「あれ?始まらないねぇ~。」なんて言ってました。(笑)
(そりゃ、始まるワケないわな・・・。)

我が夫の国、ネパールも出てましたね。
日本に住んでいると、
政治やスポーツなどの国際的な舞台に立つネパールの姿を見る機会がほとんど無いので
ネパールの国旗を見るまでは「ネパールも出るのかなぁ~。」と内心ドキドキでしたが、
ちゃんと立派に出てましたね。
ネパールに関わる(関わってしまった?)者の1人としてとても誇らしく感じました。

無事にネパールの出場を確認すると
あとに続く国々を見届けることなく2人して寝ちゃいましたけど・・・。

ところで、ネパールって何の競技に出るんでしょうね?
翌日、会社に行くと職場の人に
「旦那さんの国も出てたねぇ~。何にでるの?」と聞かれて
「さぁ?」としか答えられなかった私。
旦那も会社で同じことを聞かれて
「分からない。」としか答えられなかったそう・・・。

ネパールでスポーツと言えば広場でサッカーとか、
空手教室とか、体を鍛えるためのジムしか見たことがないんですが・・・。
体育館とかあるのかな?
学校でクラブ活動とかあるのかな?
どうなんでしょうね。

なにはともあれ、頑張れ日本!頑張れネパール!

フチェ・プンティのワクチン接種

フチェとプンティ(親猫たち)のワクチン接種に行ってきました。
ワクチン接種は今回で3回目のフチェ・プンティ夫妻。
今回は1年ぶりの接種でした。

初めて病院に連れて行ったのは生後2ヶ月くらいのときだったかな。
まだ小さかったので2匹まとめて洗濯ネットに突っ込んで
助手席の旦那に抱っこされながらも、鳴くわ暴れるわの大騒ぎで病院まで行ったものです。
(あぁ~懐かしい・・・。)

あれからちょっとしたことで何度か病院に通いましたが、
車に乗せただけで、もう大暴れ。

洗濯ネット時代は中で暴れてネットに鼻を擦りつけ過ぎて
病院に着いたときには鼻が擦り剥けて血が出てしまい、
先生にはこの出血が原因で来院したと思われる始末。

キャリーボックスに変えた後も
あまりにも暴れるものだから旦那がちょっと撫でようと
フタを開けたら猫が飛び出しそうになり
慌ててフタを閉めたらフタに足が挟まって、またもや大騒ぎなんてことも・・・。

掛かり付けの病院まで車でたった10分ちょっとなのに、
1~2時間かかったかのような精神的・肉体的疲労です。

それを今日は頑張って1人で行ってきました。
これがまた思ったより楽チン♪だったんです。
2匹とも(特にオスのフチェ)はすっかり大きくなり、
キャリーボックスに2匹を突っ込むと、もう身動きとれないくらいギュウギュウ。
身動きが取れないので暴れることもなく大人しく良い子にしててくれました。
(終始固まってた・・・とも言いますが。)

フチェ
↑部屋に着くも、固まったまま一人取り残されるフチェ(オス/1歳3ヶ月/3匹のパパ)

さぁ、次回は3匹の仔猫たちの番です。
今度は旦那にも手伝ってもらわなきゃ・・・。

精神的・肉体的疲労もさることながら、出費の額も恐ろしいです。(笑)
なにしろ猫5匹ですもの。
こればかりは必要経費なので仕方ありませんね。

ネパリ飯のトラウマ

ネパリ飯
昨夜のネパリ飯です。

メニューは右下から時計回りに・・・
カボチャと枝豆のカレー
豚バラのカレー
チャナ(ひよこ豆)のカレー です。

ネパリ飯に関してはネパリの嫁としてささやかながら頑張っております。
嫁入り後の花嫁修業とでもいいましょうか。
(まぁ、他に頑張れるものもないので・・・。)

多くのネパリ達は「ダルバート」と称したネパールの国民食を
毎日2回、遅めの朝と、夜にいただきます。
内容としては名前の通り
ダル(=豆)と呼ばれる豆のスープ、バートはご飯で、
それにマス(=肉)のカレーやタルカリ(=野菜)のカレー
さらにアチャール(=漬物)が付きます。

ちなみにネパールの庶民な我が家では
普段は山盛りのバート、少なめのタルカリ、ダルスープです。
土曜日にはこれにククラコマス(=鶏のカレー)が付いたご馳走だったりします。
(ネパールでは土曜日だけが休日なので・・・。)

こんなに頑張って作っているネパリ飯なんですが、
ワタクシ、困ったことにネパリ飯があまり好きではないんです。

理由はいろいろあります。
ひとつはネパールではお肉屋さんの不衛生な感じがどうにも信用できず
プチ・ベジタリアンなんです。
もちろんこれはネパール限定ですよ。
しかもプチというのは日本食レストランでのお肉はOKという、何とも自分勝手なもの。

そんなことから日本で作るネパリ飯でも肉は作るけど食べたくないんです、私。
なので肉のカレーの時は作るだけ作っておいて
あとで仕事から帰ってきた旦那が味を調節してくれているんです。
今ではもう慣れたもので、味見もしないのに調節要らずだったりします。(笑)

それに、基本的にカレーしか食べないネパリたちは
どんな食材でもカレーにしてしまいますが、
やっぱり合わないものもあると思うんですよね・・・。
調理の仕方にもよるとは思いますが。

たとえば昨夜のカボチャのと枝豆のカレー。
ネパールのアマ(=お母さん)が作っていたのを思い出して作ってみたんですが
カボチャの甘味が強すぎて「カレーとしてどうなの?」てな味になってしまいました。
これはこれで料理としては成り立つ感じなんですけど
何か納得のいかない一品でした。
決してマズくはなかったんですけどね。

あとは、私の作るネパリ飯にはほとんど出ることのないダルスープ。
ぶっちゃけ私にはマズいです。
ネパリたちははこのダルスープをモサモサしたご飯にかけて
さらにカレーと混ぜ混ぜして流し込むように食べるのですが、
私はこのダルスープがダメなので
ネパールのモサモサしたご飯が進まずかなり苦労しまして、
時にはご飯を食べながら泣いたこともありました。(笑)
(・・・お前は子供かッ!)

しかも毎食カレーですよ、毎食。
和・洋・中と雑食の(?)のニホンジンには辛いです。

そんなこんなで、ネパリ飯に関しては結構トラウマがあって
あんまり好きではないのです。
もちろん、旦那も旦那の家族も知ってます。

ははは・・・ホント、困った嫁ですよね。

チーム・プレイでお洗濯

ひきこもりな1日を満喫してます。

朝はゆっくり10時過ぎに起き、
暑くて廊下でヘタっている猫たちを1匹ずつ起こしては邪魔し、
溜まりに溜まったメールのお返事を書き、
久しぶりにお洗濯に燃えました。

お洗濯・・・といえば、
いつも洗濯は旦那が洗濯物を洗濯機に放り込み、
洗剤を入れてスイッチ・オン!
できあがった頃を見計らって旦那がカゴに入れて持ってきて、
それを私が干して、乾いたら私が畳んで片付けるというのが
我が家のお洗濯の一連の作業です。
まさにチーム・プレイ!(2人だけだけど・・・。)の賜です。

チーム・プレイなんで大袈裟な・・・ってお思いでしょうが
我が家の洗濯はちょっと面倒くさくてちょっと大変なんです。
いくら我が家が田舎だからって川へ洗濯に行くわけでも、
ネパールみたいにコンクリートの床に擦りつけてゴシゴシ手洗いするわけでもなく、
オンボロながらも全自動洗濯機くんが頑張ってくれているのですが、
そのオンボロ洗濯機くんがちょっと離れた場所にあるんです。

何と言っても私たち夫婦は「居候」という肩の狭い身なので、
母屋にあるメインの洗濯機を使うなんて図々し過ぎてできません。(笑)
なので外のちょっと離れたところにあるサブの洗濯機を
これまた「お借り」しているのです。
洗濯物の量が多いとかなりの重労働なんですよ、これが。

最初はこれを私一人でやっていたんですけれど、
だんだん旦那が手伝ってくれるようになって
今では旦那の仕事になっています。(笑)
日曜日に限っては干すところまでやってくれるんですよ。
ホントに旦那はよくできたヒトで、助かります。

そんな重労働なお洗濯を今日は1人で頑張りました。
タオルケット、シーツ、その他カバー類・・・と洗濯機3回は回したかな。
本当はカーテンも洗いたかったけど、それはまた今度。

あ~、疲れた。

パスポート・外国姓の併記の申請

私のパスポートの残存有効期限が1年未満になってしまったので
パスポートの切替発給の申請に行ってきました。

有効期限は来年の1月までまだちょっと余裕があるんですが、
実は来月の旦那の里帰りに私も同行することになりまして、
ネパールへ渡航の際にはパスポートの残存有効期限が6ヶ月必要だとのことで
もったいないけど泣く泣く申請してきたのです。
まぁ、こればっかりは仕方ないですね・・・。

せっかくなので、
ついでにパスポートへの外国姓の併記も申請してきちゃいました。
私たちは夫婦別姓を選択したので
私の姓の後ろにカッコ書きで旦那の外国姓を入れてもらうというものです。

ちなみに提出書類は
・一般旅券発給申請書
・戸籍謄本
・写真
・郵便はがき
・戸籍謄本
・有効旅券
・・・と、一般的な旅券発給切替に必要な書類のほかに

・申請書(←何て名前の申請書なのか忘れてしまいました・・・。)
・旦那のパスポート(外国姓のスペルが分かるもの)
・・・でした。

新しいパスポートの発給は来週。
どーなりますことやら・・・楽しみです♪

・・・と共に、今までのパスポートとはお別れです。
(一応、記念にいただいてきましたけど・・・。)
ネパールのVISAのシールがベタベタ貼ってあるのを改めて見ると、
ネパールに通っていたころをしみじみ思い出しちゃいますね。

初めてツーリスト・ビザからノン・ツーリスト・ビザに切り替えたときのこととか、
まだまだ鮮明に蘇ってきます。
1日遅かったらあわやオーバーステイか???ってくらいのドタバタの1日だったので。
過去のアホ日記:2003.9.12参照
今となってはよい思い出です。

再入国許可・永住許可の申請

午前中だけ旦那に仕事を休んでもらって
一緒に入国管理局に行ってきました。
タイトル通り、旦那の「再入国許可」と「永住許可」の申請のためです。

再入国許可は2年振り2回目の申請です。
来月から約2ヶ月ほどネパールに里帰りをするのでいただいてきました。
ちなみに必要書類などはこちらです。

申請書(1枚)と手数料分の印紙を貼った手数料納付書を提出すると
当日中にパスポートに再入国許可のシールを貼ってくれます。

永住許可の申請については、
この話をするといつも旦那は「必要ないから・・・。」と渋っていたのですが、
この度、ようやく了解をもらい申請させていただく運びとなりました。
ちなみに必要書類などはこちらです。

これ(↑)をよく見てみるとは提出書類がたくさん書いてありますが
私が事前に入管に確認して今日提出した書類は
(在留資格が「日本人の配偶者等」の場合)
・永住許可申請書(2枚組)
・戸籍謄本
・住民票
・本人のパスポート
・本人の外国人登録証
・・・だけでした。

日本に在住する外国人なら誰もが(?)欲しいと思われる「永住許可」を
ウチの旦那は「ずっと日本に住むじゃないから必要ないでしょ?」って言うんですよ。
いやいや、そうだけど、そうかもしれないけど、
もしかしたら事情が変わって日本に住むことになるかもしれないでしょ?
(むしろ私は日本に住みたいんですが・・・。)
取得しておいてもネパールにも住めるし、損はないでしょ?
いざって時のための保険だよ、保険。(←私のための)
・・・と、いろいろ言い訳を並べてなんとか丸め込みました。

私たち夫婦はお互いに自分の国に住みたいヒトなので、困ります。(笑)
はぁ~、やれやれ・・・です。

あとは気長に許可を待つのみ。
入管の方のお話だと結果の通知が来るまでに7~8ヶ月くらいかかりますとのこと。
べつに急ぐ理由もないので忘れたころにでもいただければそれでよいです、はい。

土曜日は外食DEデート

毎週土曜日は外食の日な我が家。

物価高騰のこのご時世なのに、まぁ贅沢な!って自分でも思いますが、
共働き、子ナシ、さらにお互いにお休みが違うスレ違い夫婦なので
この外食が週に唯一のデートの日なんです♪

もともとは
「お互いの給料日明けの土曜日には夕食をご馳走し合いましょうね~。」
という習慣が何とな~く毎週土曜日・・・になって、
どーゆうワケか今では毎週旦那がご馳走してくれています。(笑)

昨日はどーしてもウナギ、しかも“ひつまぶし”が食べたくなって
この辺では人気のあるウナギ屋さんにわざわざ車を走らせたんですが、
なんと7時閉店ですっかり閉ってました。
(7時閉店って・・・早すぎる。)

時間も遅かったので(実はこの地点でもう8時過ぎてたし・・・)、
そこから一番近いインド料理屋さんに仕方なく行ってきました。
この仕方なくってのは・・・
前にも書いたように我が家は週に3回はカレーなので
せっかくの外食までカレーは食べたくないからなのです。

しかも旦那もインドのカレーはあまり好きではないんだそう・・・。
スパイスの種類が多過ぎで味が分からないんですって。
インド料理といえば数十種類のスパイスを使うことがウリなのにねぇ。
これってウチの旦那だけでしょうか?
私には美味しいんですけどね。

そうそう、
私が住んでいる地域はインド料理屋さんの激戦区(?)なんです。
私が知っているだけでも15店舗くらいはあります。
そのうちの60~70%がネパール人経営だと思われ、
厨房で働くコックさんの99%がネパール人だと思われます。
ネパリ・パワー恐るべし!ですよね。


住民票のあれこれ

仕事でちょっと外にお出かけする用事があったので
ついでに市役所の窓口センターに寄って
住民票と戸籍謄本を取ってきました。
ホントはコレが(↑)がメインで、仕事がついでだったりして・・・。(笑)
もちろん会社にはナイショです。

いろんなサイトで「お役所仕事」について
相当嫌な思いをされているケースをよく見かけますが、
幸運なことに私は一度も嫌な思いをしたことがありません。
もちろんこれは日本限定です。
(ネパールでは最悪でしたもの。)

例えば「住民票」では・・・

私たち夫婦は私の実家の離れに住み着いていて
(いわゆる「ヤドカリ」、または「居候」とも言います。)
実家とは住所が同じなんです。
なので結婚してもおのずと住民票は独身の時のまま。
それに関して「ひとつの住所で世帯主を分ける“世帯分離”ということもできますよ。」と
アドバイスをいただいたり・・・。

今日は今日で「住民票に外国人配偶者の名前を入れることができますよ。」と
アドバイスしていただき、さっそく旦那の名前を入れてもらいました。
(欄の一番下にちゃんと『 配偶者 「○×△ □☆◎」 』と入ってます。)

住民票ひとつにしてもこんなにいろいろあるんですね。
こーゆう普通の生活してたら絶対に知り得ないことを、
(あれ?みんなは普通に知ってることなのかな?)
ちょっと教えてくれるのってとっても親切だし、ありがたいです。
しかも接客もとても丁寧で感じが良かったです。

プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。