スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またカレー???

・・・ええ、そうですとも。
それが何か???

ってゆーほど我が家はカレーの日が多いです。
それはネパール・カレーだったり、日本のカレーライスだったり。
普通に週3日くらいかな?

おかげで米の減りの早いこと、早いこと・・・。
私は朝はパンだし、旦那は朝は食べないので、
ご飯(=米)を食べるのは昼のお弁当と夕食のみなのに
2人家族で5キロのお米が2週間しかもちません。
微妙に2週間もたなかったりすることもあったりします。
しかも土曜日はだいたい外食なのに・・・。

これってどうなんでしょう?
普通?それとも食い過ぎ???

昨夜もカレーでした。
ってことは、今日のお弁当もカレー。
今晩も残りのカレーをアレンジして食べます。

どんだけカレー好き夫婦なんだ?って感じですよね。


ちなみにこれ(↓)は昨夜のカレーです。
まぁ、いたって普通なカレーですが、
ニンジンがお花の形になっているところが、ポイントです。
旦那は「ふ~ん。」って感じでしたけど・・・。
カレーライス
スポンサーサイト

たかがパンツ、されどパンツ、旦那のパンツ

ねぇねぇ、どんなパンツ履いてんのぉ?
・・・って、これじゃあ変態ですよね。(笑)

そうじゃなくって、
おたくの旦那様はどんなタイプのパンツ履いてますか?
え~っと、パンツってのは下着のほうです。

旦那の下着を買うようになるまでは
男性の下着にはまったく興味がなく、
今まで付き合った彼氏たちの下着を買ったこともなければ
一緒に選んだこともないほど。
(まぁ、今でも個人的にはどーでもいいんだけど。)

なので、男性の下着事情には全く詳しくないのですが・・・。
確か昔はトランクスタイプが主流だったようですが、
今は大体ボクサータイプが主流なようですよね。
百貨店や大型スーパーの男性下着コーナーでは
売場の50%がボクサータイプ、30%がトランクスタイプって感じでした。

そんなご時世の中、ウチの旦那は困ったことにブリーフ派なんです。
そしてタイプで言うとビキニタイプ♪
(ビキニって言ってもそんなHなタイプじゃありませんよ、念のため。)
さらに素材はコットン(綿)じゃないとダメなんです。

ってゆーか、ネパールではブリーフが主流なような気がします。
何で知ってるのか?って?
街の中心部では路地裏や中庭で、市街地や村では自宅前や水汲場、
はたまた河川で老若男女が行水をしている姿をよく見かけるんですが、
男性はパンツを履いたまま体を洗ってるんです。(←まさに、一石二鳥!)
そんな男性たちのパンツは旦那と同じ、ブリーフでしたもの。

で、昨日と今日、大型スーパーを何件か回ってみましたが
はっきり言って、そんなのありません。
んなワケないでしょ?って思うでしょ?
ホントにないんですよ、これが。

少ないながらも一応ブリーフタイプはあるんですが、
横(脇?)の幅が少ないビキニタイプはさらに少なく、
コットンとなると1店舗だけ数種類しか置いてありませんでした。
しかも、サイズももうまばらな状態。

もう、その1店舗にわざわざ戻って買い占めてきましたよ。
選ぶ余地なんてないので、色や柄が多少カブってても仕方ありません。
だって、次に買いたい時にはもうないかもしれないんですもの。
ホント貴重です。

そんなこんなで旦那のパンツごときにお休み2日も費やしちゃいました。


私は水虫ではありません。

・・・そうなんです。
私は水虫ではないんです。(笑)

会社での足元はストッキングにパンプスな私。
ちょうど昨年の今頃、
かかとの内側の辺りがかゆいなぁ~と思いつつ
ストッキングの上からボリボリ掻いていたんです。
ある日のお風呂上りにふと気になってかゆい部分を見てみると
なんと皮膚の内側に小さな水疱のようなものがたくさんできていたんです。

ぎょえぇぇぇ~!
まず、疑ったのが水虫。
(水虫の「水」は水疱の「水」だと思っていたので・・・。)
今まで散々会社の水虫オジさんたちをからかって小バカにしていたのに、
もしや私もその仲間???と、慌ててネットで調べました。
ネットで調べまくって分かったのが水虫は「カビ」だということ、
それと市販の薬では治らず、
皮膚科で処方された薬を使っても半年以上はかかるらしいということ。

こりゃイカン!と思い、次の休みに皮膚科に行くことにしました。
皮膚科なんて小学生の時の水疱瘡以来で馴染みがなかったので
電話帳(←なぜ、こんなときだけネットではなく電話帳???)で一番近い皮膚科を調べたら
私が住んでいる地区内に1件だけ皮膚科があることが判明。

早速、朝一番で行きました。
その皮膚科の病院、ちょっと怪しい・・・というか、変ってる・・・というか。
場所的には山方面でこの先に道はあるの?っていうちょっと手前で、
でっかい洋館(?)の一部が病院っぽくなってるんです。
中はとっても狭くって待合室も大人が6人くらい座ったらもう超満員状態。
しかも受け付けカウンターの後ろがカーテン越しにすぐに診療室なので
診療中の声がまる聞こえなんです。
私の前にいたオバさん2人の診療なんてまるでお悩み相談でした。(笑)
きっと日々のストレスが皮膚に出ちゃうんでしょうね。

ってことは、私への水虫の告知も聞かれちゃうワケ???

ついに私の順番になり診療室へ入りました。
先生はヨボヨボのおじいちゃん風、大丈夫?
まぁ、若くてイケメンよりもりもマシか・・・。

先生「どうされました?」
私「足がかゆくて、水虫なんじゃないか・・・と。」
先生「水虫かどうかは、検査してみないと分かりませんよ。」
私「そりゃ、そーですよね・・・ははは。」
先生「ちょっと足見せて。」
掻き過ぎてボロッと剥けた皮膚の一部をピンセットで取って顕微鏡でみながら
先生「水虫はカビの一種なんですが、それが見当たらないので、水虫ではありませんよ。」
(先生、待合室によ~く聞こえるようにもっと大きな声で言ってください!)
私「え?水虫じゃないんですか?」
(あえて大きな声で繰り返してみました。)

原因は汗・・・らしいです。
私みたいに一日中靴を履いてたりすると
人によっては汗のせいで水泡がポツポツできるらしいです。
予防法としてはこまめに足を洗うこと、
靴の中に汗がこもらないようにすることだそうで、
処方してもらった2種類の塗り薬を塗って2週間ほどで治りました。

で、あれから1年。
またできちゃいました、水疱。
念のためにさっき例の皮膚科に行ってみましたが、
やっぱり水虫ではありませんでした。

そう、私は水虫ではないんで~す。(笑)

ネパリ飯の超簡単レシピ

ネパリ飯

本日のメニューは、右下から時計回りに
豚バラと大根のカレー
枝豆・オクラ・ジャガイモのカレー
葉大根のカレー

なんつーか、ネパリ飯ってあんまり見栄えが良くないですね。
毎回黄色・・・っつーか。

それもそのはず、
我が家のネパリ飯は具が違うだけで
入れるスパイスや調理法はほとんど同じなんです。

スパイスは至ってシンプル。
ターメリック、クミン、チリ、塩のみ。
すべてパウダータイプのもので、
スーパーマーケットで普通に買えます。
特別な○○マサラとかじゃなくても、ぜんぜん大丈夫。
チリパウダーは一味唐辛子でもOK。

調理法も超簡単。
具をちょっと多めの油で炒める、
ターメリック、クミン、チリ、塩を入れてさらに炒める、
すりおろしたニンニクとショウガ、小さくきざんだトマトを入れてまた炒める、
水を適量加えてよ~く煮る、
最後に塩で味を調えて、できあがり♪

基本はすべてコレ(↑)です。
ひとつだけアドバイスするならば、
油と塩は思い切ってたくさん入れたほうが美味しいです。
(健康にはよろしくありませんが・・・。)

よろしければ、ご家庭でネパリ飯を是非お試しあれ。

カンチよ、アナタは犬ですか???

カンチ
カンチ(メス/6か月)

我が家の3匹の仔猫のうちの1匹、カンチです。
猫たちの名前はすべて旦那がネパール名で付けています。
「カンチ」とはネパール語では末娘の呼び名ですが、
我が家のカンチはなぜか(?)末娘ではありません。
確か、下から2番目だったかな?

そんなカンチの芸を是非とも見てやってくださいませ。↓

ねぇ、見ました???
ちょっと犬っぽくないですか?

追っかけてくわえてくるのはおもちゃのネズミなんですが、
「ネズミで遊びましょ♪」と言わんばかりに
私のところへネズミをくわえてやってきては
アーウ、アーウと鳴くんですよ。

親バカですが、カワイイ♪です。(笑)

まだまだ営業中

蒸し暑さが日に日に増している今日この頃、
お風呂ライフはいかがお過ごしでしょうか???

ネパールでは湯船に浸かる習慣がなく
お風呂と言えばシャワーまたは行水です。
しかもお湯なんて超贅沢で庶民は水ですよ、水!
夏には水でも気持ちがいいかもしれませんが、冬はマジ凍えます。

そんな国からやってきた旦那はちょうど3月の上旬に来日したんですが、
お風呂の湯船には決して浸かろうとしませんでした。
理由は「熱いから。」だそうです。
「体を洗うためにお風呂に入るのに、あとで汗が出ちゃったら意味がない。」んだそうな。

確かにネパールでシャワーするといえば
単に体を洗うとか、身を清める(宗教的な理由で)・・・ですが、
日本はそれだけじゃないですよね。
お湯に浸かって温まることによって血行を良くするとか、
汗を流して体内の老廃物を出すとか、いろいろありますよね。
日本人にとっては基本的で当たり前なことですが、
湯船に浸かる習慣のないヒトにとっては理解不能らしく
何度か促してみましたが、そのたびに拒否られました。

私ひとりだけのためにお湯をためるのももったいないので
仕方なく私もお風呂はシャワーだけですませていたのですが、
冬も本番になりはじめた12月のある日
仕事から帰ってきた旦那が「お風呂に入ってみたい・・・。」というではありませんか。
私の住む地域は雪が降ることはめったにありませんが、
ものすごく風が強いので、とにかく寒いんです。
よっぽど外が寒かったんでしょうね。

それ以来、寒くなり始める11月ごろから暑くなり始める梅雨くらいまで
期間限定で我が家のお風呂は営業していたんですが
こんなに猛暑な今年は、なんとまだまだ営業中なのです。
お湯の温度を超ぬるめにしたのが良かったみたい。
たまにお風呂を覗いてみると気持良さ気に浸かってます。

これで「あ~極楽、極楽♪」なんて言ってたら、もう本物ですよね。(笑)

花火DEデート

花火

昨夜、旦那と二人で花火大会に行ってきました。
昨年は雨が降ったり止んだり微妙な天気だったのでパスしてしまいましたが、
旦那が来日して以来、毎年恒例で出かけています。
今年はお天気も良く、比較的涼しかったので結構な人出でした。

例年は屋台でいろいろ買い食いして歩きながら花火見物をしていたんですが
毎年帰る頃には二人して足が痛いだの、疲れただの、もうグッタリなので
今年は賑やかな中心部には行かないで、
着いて早々に良い場所を見つけて座って見ることにしました。
良い場所っていっても普通に路上ですけど・・・。(笑)

やっぱり座って見るのっていいですね。
花火も良い場面を見逃さないで済むし、
目の前を通って行く人たちを見てるだけでもかなり楽しいですよ。
「あ~、あの浴衣カワイイ♪」なんて浴衣のファッションチェックしたり、
お土地柄か在日外国人も多くって「ねぇ、あの人何ジンかなぁ?」
「日本人っぽいけど、ポルトガル語話してるからブラジル人だよ、きっと。」
なんて人間ウォッチングしたり・・・のんびりできました。
(何度も言いますが)路上で、ですけど。(笑)

帰りも早めに切り上げて、焼鳥屋さんでディナーして帰りました。

毎年のことですけど、我が家ではこの花火大会が
今シーズン最初で最後の花火大会なのでした。
・・・ってことで、また来年~です。

いただきもの6

たまご&メロン
またもや、いただきものです。
たまごはいつもの親せきから、メロンは職場の方からいただきました~。

旦那の毎日のお弁当にはたまごが不可欠なので
本当にありがたいです。

いつもたまごをくださっている養鶏場を営む親せきは
母の実家の奥さん(私の叔母さん)のご実家なのですが、
来年を目途に廃業されるとのこと。
鶏ちゃんたちのエサ代やら何やら経費の高騰、
それと後継者の不在により
これ以上経営を続けるのは難しいのだそうです。

きっとこういった農家がどんどん増えるんでしょうね、これから。
何だか残念ですね。
・・・我が家の家計にも影響が大きいです。


写真では分かりづらいですが、このメロン結構デカイです。
ちょっと二人で食べるには多すぎるので
一口大に切ってタッパーに入れて
旦那に持たせて職場の皆さんにもおすそ分けしようと思います。

昨夜のネパリ飯

ネパリ飯
昨夜のネパリ飯です。
せっかく写真を撮ったのでアップしておきます。

右下から時計回りに・・・
鶏モモと大根のカレー
いんげん・枝豆・ジャガイモ・キャベツのカレー
ジャガイモのフライカレー
ジャガイモと葉大根のカレー

おススメは「鶏モモと大根のカレー」です。
よ~く煮ると大根にカレーが染みて、めちゃめちゃ美味しいです♪
スープ多めだと、ご飯が進みますよ。
大根の代わりに「かぶ」を使ってもいいですよね。
今の季節とは全然違いますけど・・・。(笑)

やっぱり、写真写りが悪いですね・・・すみません。
テーブルと照明が近いからでしょうか。
どんな角度から撮っても写真が光っちゃうんです。

夏休みの予定

もうすぐ夏休みですね~。
みなさまもうご予定はお決まりでしょうか?

共働きで休日がすれ違いな私たち夫婦ですが、
今年の夏休みもバッチリすれ違いです。(笑)
私の夏休みが終わった翌日から、旦那の夏休みが始まるという素晴らしいすれ違いっぷり。

え~っと、確か前回一緒に遊んだのはゴールデン・ウィークに
友人のネパリ夫婦と一緒に行った1泊旅行。
(キッチン付きの部屋だったのでネパリ3人にネパール料理を作ってもらっちゃいました。)
もうあれから2ヶ月以上も経ってるし・・・。
お互い、しがないサラリーマンなので仕方ないですね。

一応、今回の旦那の夏休み中に私にも1日だけ休日があったので
毎年恒例の伊勢志摩方面へ海水浴に連れて行ってあげたいなと目論んでおり、
現在伊勢志摩方面に住むの私の友人たちと調整中なのです。

できればもう1日お休みをもらって1泊で行けたら・・・なんて、
夢がどんどん膨らんできちゃってて、何だかここ最近悶々としてます。

家ではなかなか暇がないので、
明日、仕事の合間に会社のコンピューターで検索しまくってみます。(笑)

甘えんぼうさん

あ、旦那のことではありません。
(これが旦那だったらマジ、キモいし・・・。)

私がネットに夢中になると寂しくなっちゃうのは旦那だけではなかったようです。
我が家の5匹の猫たちも、なんです。
ブログに時間を費やしだしたここ最近、ちょっと変なんです。

朝、仕事に出かける時と、仕事から帰ってきてすぐは、もう私にベッタリ。
5匹の猫が交互に足に擦り寄ってきたり、
足元にゴロリと横たわって通せんぼしてみたり・・・。
今まではそんなことなかったのにねぇ。
やっぱりスキンシップの時間が減っちゃったからですよね。
ここでもちょっと反省・・・です。

そんな中でも一番の甘えんぼうさんが、5匹のうちの唯一のオスのフチェです。
この蒸し暑い最中、ブログをせっせと書いている現在も、
椅子に座っている私の腿の上で気持よさ気に喉をゴロゴロ鳴らして寝ています。

さぞかし私の腿とお腹のお肉が気持ちいいんでしょうね。(笑)

↓フチェ(オス/1歳2か月/3匹のパパ)
フチェ
実は以前紹介したプンティと兄妹(姉弟?)であり、夫婦でもあり・・・。

いただきもの5

ゴーヤ

職場の方から頂いたゴーヤちゃんです。
家庭菜園産だそうなんですが、こんなに立派にできるんですね。
スーパーに売ってるのと全然変わらないです。

以前はこのゴーヤの苦味がどーにもダメだったんですが、
自分で料理をするようになってから、なぜか好きになりました。
この苦味が料理のアクセントになって
夏の食欲減退の時期が乗り切れるんですよね。

ホント、助かります。


そーいえば、いつも野菜をもらう時みなさんに
「アンタの家は場所がいっぱいあるんだから野菜作ってるんじゃないの?」
ってよく言われますが、なーんも作ってません。
我が家は田舎だし家庭菜園の環境だけは整ってるんですけど
なんせワタクシ、土いじりが嫌いなもので・・・。
虫は出るわ、蚊には刺されるわ、日には焼けるわ、爪は汚れるわ・・・
あ~、考えただけでも嫌です。(笑)

ネパールでは庭のないアパートでの生活をしていた旦那が
ちょうど昨年の今頃、「花壇を作りたい!」なんて急に言いだして
炎天下の中せっせと花の世話をしてましたけど
私は部屋の中からガラス越しに見てるだけでした~。

我が家では田舎育ちの田舎モノの私より、
都会(首都:カトマンドゥ)育ちの旦那のほうが土いじりに興味があるようです。

夕食中の「愛」ある話

昨夜の夕食中の夫婦の会話。


旦那:
「今日、会社で急にウ○コがしたくなってトイレに行ったら、
誰かがウ○コしたあとだったみたいで、
すっごく臭くって、鼻と口を押さえながら頑張って入ったよ。」

私:
「へぇ~、それは大変だったね~。
会社にトイレは一つしかないの?」

旦那:
「そうだよ。
だから、ボクは会社のトイレみたいに一つしかないトイレは嫌いだよ。」

私:
「そうだね~、一つしかなかったら選べないもんね。
それだったら、私は男も女も両方入れる(←男女兼用)トイレが嫌だな・・・。」

旦那:
「なんで?」

私:
「トイレに入った時に真ん中のフタ(←便座のこと)が上がってたら
あ~、誰か男の人が入ってたんだ・・・って思っちゃって、なんか嫌だな。
そのフタを閉めるのも嫌だし・・・。」

旦那:
「へぇ~、そう。」

私:
「そうだよ~。
そういえば、ウチでそういう嫌な思いしたことないなぁ。
ちゃんと真ん中のフタ閉めてくれてるんだね。」

旦那:
「閉めてないよ。」

私:
「え???まさか真ん中のフタ開けないでそのまましてるの?」

旦那:
「ちがうよ。」

私:
「じゃ、どーやってしてるの?」

旦那:
「座って。」

私:
「は?座って?男の人って、真ん中のフタ開けて立ってするんじゃないの?」

旦那:
「そうだけど・・・。」

私:
「そうだけど・・・何?」

旦那:
「立ってすると、あちこち飛んじゃって掃除大変かなぁ~と思って。」

私:
「アナタ、ホントにいいヒトだねぇ~。」

旦那:
「そうだよ。今、分かった?」


何気ないただのトイレ話が、愛のある話に変わった瞬間です。(笑)
ま、夕食中にトイレの話で盛り上がるのもいかがなものかと思うケド・・・。



私がこそこそネットをする理由

現在、こうして私がコンピューターに向かっている後ろで
旦那はテレビで放映されているK-1観戦に夢中です。

本来ならば旦那のいるときにはネットはしないことにしているんですが、
今日は、と・く・べ・つ♪なんです。


そもそも、何で旦那のいるときにネットをしなくなったかというと・・・

旦那が来日して半年ちょっと経った2005年の10月ごろ
友達にミクシィに招待されて何気なく「ネパール」で検索してみると、
思った以上にたくさんの日ネカップルがいることが分かり、
さらにちょうど日ネカップルのコミュニティも立ち上がったところで
かなりハマってしまった時期があったんです。

なにしろ実生活に日ネカップルのお友達がまったくいなかったものですから、
同じ日ネカップルの仲間がいて、さらに情報交換までできちゃうことが
嬉しくって楽しくって浮かれちゃってたんでしょうね、私。

一応主婦(?)なので家事はちゃんとやってましたが、
その他の時間をネットに費やしてしまっていたんですねぇ。
夕食のあと私がネットに向かっている時間、
だいたい旦那は後ろでテレビやDVDをみていました。

ある日の夜、ふと気になって旦那に目を向けると
なんと泣いてたんです!
それも目からポロポロ涙をこぼしながら・・・。
何事かと思って「どうしたの?」って尋ねてみても
「分からない・・・。」としか答えません。
自分でも分からないけれど、涙が出ちゃうんだそうです。

・・・私には何となく分かりました。
私が旦那をおろそかにしてしまったからです。
来日して半年以上が経ち、来日当初の辛いホームシックも乗り越え
日本の生活にも慣れて気持も安定していると勝手に思い込んでいました。

思い返してみれば、ネパールに長期滞在していたときの私もそうでした。
旦那と過ごしている日中はまだマシなんですが、
夜ホテルに戻ってで1人になるとやっぱり寂しくって
泣けてきちゃって朝まで寝られなかったりでストレスが溜まり、
毎日旦那にブーたれてみたり、八つ当たりしてみたり、結構大変でしたもの。

それに、もともと旦那は日本に来たかったヒトではなく
結婚するにあたり私のワガママで無理やり日本に来てもらったヒトなのです。
この最も大切な事実と感謝の気持ちをすっかり忘れていました。

あの時は本当に申し訳ない気持ちとともに、
このまま「もう、ネパールに帰りたい・・・。」って言われちゃうんじゃないかと
ネパール強制移住の危機で、それはもうヒヤヒヤでした。(笑)

それ以来、二人一緒にいる時間はなるべく旦那に合わせて行動するようにしています。
あ、これは別に強制ではありませんよ、自分で勝手に決めてるルールです。

1年に1回しか会うことが許されない織姫&彦星カップルと違い、
せっかく旦那が日本に来てくれて一緒に住むことができるんだから
もっと一緒にいる時間を大切にしなくちゃね。
・・・なんて言いつつ、偶然にも七夕な今夜はいいんです。

私が格闘技とスポーツが嫌いなことを知っている旦那が
「テレビ取っちゃってごめんね、退屈ならコンピューターで遊んでて・・・。」って言うんですもの♪

情けない姉夫婦な私たち

何ともこっ恥ずかしい昨夜のお話です。

先月に旦那と行ったイタリアンレストランで
ドルチェのサービスチケットを2枚いただいたことを思い出し、
有効期限も迫っていたので、急きょ私の妹を誘ってみました。
(旦那はいつもアルコールを頼むので、デザートは食べないんです。)
もちろん返事は「OK」だったので、車で行く途中で妹を拾って行く約束をしました。

で、いざ旦那と車に乗り込み
念のためにとお財布にあるハズのサービスチケット確認しようとしたら
サービスチケットはあったんですが、
肝心なお金が2000円ちょっとしかないではありませんか。
隣で運転中の旦那に「今日いくら持ってる?」と聞くと、
「給料日前だから1000円ももってないよ。」と、これまた情けない返事。

私の持ってるキャッシュカードは銀行のメンテか何かで使えないし、
旦那にはキャッシュカードを作ってないしで、何ともなりません。

ご飯に誘っておきながらお金がないなんて・・・トホホ。

妹は「いいよ、今日はおごるよ。」と苦笑してましたが、
ひゃ~、恥ずかしい。
相手が身内でよかったです。
おかげで遠慮なくたっぷり御馳走になっちゃいました。
旦那なんて図々しくビールを3杯もお代わりしてたし・・・。

とりあえず、ドルチェのサービスチケットを持ってたことで
ちょっとだけ体裁が保てた(?)ものの
妹におごってもらう何とも情けない姉夫婦な私たちなのでした。

恐怖の高速道路

我が家の車に、めでたく(ようやく?)ETC車載機が付きました~♪

みんなには「え?そのポンコツ車に付けるの?」なんて
相当からかわれましたが、いいんです。
旦那のためにどーしても必要なんですよ、ETCが。

旦那がネパールの運転免許から日本の運転免許に切り替えて以来、
2人で車で出かけるときはほとんど旦那が運転してくれます。
とにかく方向音痴なヒトなので近場での運転は
「あー、私が運転した方が早いのに・・・。」なんてイライラしますが、
遠出の時はとっても楽チン♪で助かります。

その遠出のときに利用するのが高速道路。
ここで旦那には困った習性があるんです。

今の高速道路の出入口ってETCレーンと一般レーンに分かれていて
それぞれ紫の表示板で「ETC」、緑の表示板で「一般」ってちゃんと表示されてますよね?
これまで我が家のポンコツ車(←自分で言うなって?)にはETCが付いていなかったので
おのずと「一般」レーンしか通れないワケですよ。

で、それを日本語が不慣れなガイジンである旦那に、
「一般」という漢字が読めないし、分からないであろうことを想定して
「緑のサインがある方だよ。」とか、「ETC(紫のサイン)じゃない方だよ。」と説明するんです。
なのにどーゆうワケか「ETC」レーンに気持ちよく吸い込まれて行っちゃうんですよね~。(笑)
それが1回だけならまだしも、毎回ですよ・・・毎回。
マジ、怖いです。

それなら「右」とか「左」とか「真ん中」とか指示すればいいんでしょうけど、
私としては表示を見て自分で判断して欲しいんです。

高速道路の出入口でのモタモタは他の車の迷惑だし、
事故の原因にもなりかねないし、
何よりも助手席に乗ってる私がドキドキ・ハラハラで落ち着きません。
なので、どちらを通っても支障がないように
今回、ETC車載機を取り付ける運びとなりました。


さて、ETCも付いたことだし、今年の夏はどこへ行こうかな?

お詫びのネパリ飯?

一昨日、旦那が帰ってきたのは日付が変わるちょっと前・・・だったらしい。
さすがの私もキレました。

帰りが遅いのは一向に構わないんです。
そりゃあ、その場が盛り上がってて楽しければ帰りたくないだろうし、
逆に1人だけ帰りづらいだろうし・・・。
それは私だって気持ちは分かります。

ただ、電話1本してくれてもいいんじゃないの?ってこと。
こっちは仕事から帰って、ご飯作って待ってるんだからさー。
しかも、9時ごろにこっちから電話した時には
「ごめんね、今から帰るから。」っていってたのにぃー、何が今から・・・だよ。
じゃなかったら、最初から外でご飯食べてきたらいいのにぃ。
もうッ!
(ヤバイ、だんだん口が悪くなってきたぞ・・・。)

ま、私はブログで追記を書いたあと、さっさと先に寝ちゃいましたけどね。


・・・で、昨日。
たまたま私は仕事で残業があって、帰宅が旦那と同じだったんです。
いつもの旦那ならちょっと冷たいものとか飲んで休憩したあとお風呂へ向かうんですが、
なんと自分から夕食を作り始めたんです。

ウチの旦那は本当によく出来たヒトで、
よく家事を手伝ってくれます。
でも、それは「言われれば」とか「うま~いこと誘導すれば」の話で、
自ら率先して・・・というワケでは決してありません。

なのに何なんでしょう?昨日のお詫びのつもりでしょうか?
旦那が料理する姿を後ろでのんびり見ながら、私はすっかりゴキゲン♪
な~んにも手伝いませんでした。(笑)

出てきた夕食はやっぱりネパリ飯。
バターライス(ご飯をバターで炒めただけ)と
アル(ジャガイモのカレー)だけでしたけど、
とっても美味しかったです。
(あまりにも空腹たっだので写真を撮り忘れました。)

旦那は本当に私の喜ぶツボを心得ています。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。