スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の家計の話

昨夜、旦那がスーパーのレジ袋を手に帰ってきました。
そのレジ袋の中には、たくさんの飲み物(主にお酒)と
お菓子(ガム、チョコレート、スナック菓子など)が入っていました。
全部、旦那が好きなものばかりです。

いつもたいてい缶ビール1本、多くてもプラス私の分1本くらいなのに、
旦那の月に1回のこの大盤振る舞いなお買いものは・・・
そう、給料日だったのです。
ははは・・・分かりやすいヒト。(笑)

そうそう、ウチの旦那、給料を現金でもらってくるんですよ。
入社した時に、私が給与の振込先として旦那の口座番号を伝えてあったのにもかかわらず、
旦那は頑として「現金がいい!」と言い張り、その主張通り現在に至っています。
まぁ、旦那が働いて得たお金なので好きにさせよう、と思う半面、
帰宅途中で失くしたり盗まれちゃうかも?とか、パーッと散財してきちゃうかも?と思い、
最初のうちは気が気ではありませんでした。
が、それも取り越し苦労だったようです。(笑)

ところで、旦那のお給料って誰がどのように管理していますか?
私の周りの日本人同士のご夫婦に伺ってみると
そのほとんどのご夫婦が口座に振り込まれた給料を奥様が管理されているようです。
そして旦那様は奥様から「お小遣い」をもらってるんですよね。
私も結婚前は私たち夫婦もそうなるであろうと思っていました。

が、実際のところは違いました。
旦那は妻である私から「お小遣い」をもらうのはイヤなんですって。
男性優位のネパール出身の男のプライド、でしょうか。
私も何となくその気持ち、分からないでもないんです。
だって自分が頑張って働いて得た給料なのに、
奥さんからお小遣いをもらうだなんて、やっぱり何となく情けない気分になりますもの。

じゃあ、我が家ではどうしているのかと言うと・・・
旦那が自分の給料(現金)から大ざっぱに、
「生活費」としていくら、「貯金」としていくら、
残りの端数とちょっとを自分の「お小遣い」として自ら分けるのです。
残念ながら今現在は「貯金」分は「住宅ローン返済」(こちら参照)に充てているのですが。(泣)

旦那の給料がだいたいいくらなのかは分かっているので、
「お小遣い」分にいくら充てているのかも予想がつきます。
そこから考えると、一応、現在の不況な状況も旦那なりにわきまえているようです。(笑)

・・・と、結局、自分の「お小遣い」以外は私にすべて渡してくれるので、
上記のようなよくある日本人夫婦のご家庭と何ら変わりはありません。
これなら私も納得がいくし、旦那の夫(男)としてのプライドも保てるワケです。
うぅ~ん、一石二鳥???

今思えば、給料を現金でもらってくるのも良いものですよ。
通帳で「見る」のと、現金で「見る」のでは、やっぱり違います。
これが旦那が頑張って稼いだお金なんだな~って、
お金のありがたみと、旦那への感謝の気持ちが倍増すること間違いナシです!
ま、その場だけなんですケドね。(笑)

ちなみに私の給料は、私の「お小遣い」と「生活費の不足分」、
「大きな出費」(保険代、車検代、家電購入とか・・・)、
あとは自分個人の(←ここポイント!)「貯金」でしょうか。

と、こんなに家計について偉そうに言っておりますが、
私、自分の家計の管理能力にまったく自信がないんですよね~。
旦那からは(たぶん)十分に「生活費」をもらっていると思うのですが、
なぜか足りなくなっちゃったりするときもあるし。
何しろ元々「あったら使っちゃう」タイプなので。
あ、これは旦那も同様。(笑)
計画性もなく、衝動買いや、無駄遣いも多々あったり・・・。

やっぱり、新聞広告とかマメにチェックするべき?
安売りスーパーをハシゴするべき?
車での移動をやめて自転車で頑張るべき?
自分へのご褒美(甘いモノ)とかやめるべき???

あぁ~、
できることなら我が家の家計を「やりくり上手」な人にお任せしたいくらいです。(笑)
スポンサーサイト

「ボカ」と「バカリ」

前回、と前々回のブログにも出てきた「ボカ」と「バカリ」ですが、
私たち夫婦はお互いをずっとこのニックネームで呼び合っています。

旦那のことは「ボカ」。
ネパール語で雄ヤギの意味です。
ちなみに食肉用に去勢された雄ヤギは「カシ」と呼ばれています。

そして私のことは「バカリ」。
同じくネパール語で雌ヤギの意味です。
発音によっては「バクリ」とも言います。

要は「雄ヤギ」と「雌ヤギ」なのです。

これは私が2度目にネパールへ1人で訪れたとき
当時、ただの現地係員であり、ただの友人でもあった旦那と
豪華にもポーターさん1名を引き連れてアンナプルナ・トレッキングへ行ったときのこと。
ちょうど10月で、ネパール最大のお祭「ダサイン」前だったので、
お祭のご馳走となるヤギや水牛が次から次へと引っ切りなしに山から降りてくるのが
日本からやって来た私には珍しくって、面白くって・・・。
凄い勢いで山から降りてくるヤギたちを先に通すため
道の端っこに避けながら通り過ぎるヤギの頭を撫でたり、鳴きマネをして遊んでいるうちに、
いつの間にか私は旦那から「バカリ(=雌ヤギ)」と呼ばれるようになったのです。

そんなこんなで、
私はそれ以来、ずっと旦那から「バカリ」と呼ばれ続けてきたので
いざ、ネパールで旦那と婚姻手続きをするとなったときに
「ところで彼(現旦那)は、私の名前(本名)を知っているのだろうか?」と疑ったほど。(笑)
なぜか(?)知ってたみたいですけどね。

そんな私は、逆に旦那の名前のスペルだけは知ってはいましたが、
(以前、名刺も貰ったし、やり取りしていたメールの最後にも名前が入っていたので)
実は、正しい読み方(発音)は結婚してからもしばらくの間は知りませんでした。(笑)
だって、あえて名前(本名)で呼ぶ機会がなかったんですもの・・・。


・・・で、
今現在も私たちは夫婦は相変わらず「ボカ」と「バカリ」で呼び合っているのですが、
日本では「なんのこっちゃ?」なニックネームですが、
ネパールではかなり恥ずかしいニックネームなので人前で呼べないところがネック。
かと言って、今さら名前でなんて照れ臭くて呼べないし・・・。

何事も「最初が肝心」ってよく言いますが、ホントですね。(笑)

愛夫弁当♪

まだまだ続いてます・・・「ご飯作りたくない病」。(笑)

毎度のことながら、自分でもホントに参ります。
昨夜の夕飯は、食後に出かける用事があり、急いでいたので
お土産でいただいたラーメン(生タイプ)とご飯(白飯)のみ。
これぞ「ラーメン・ライス」!(←決して「ラーメン定食」ではありません。)
一応、ラーメンには炒めたもやしをトッピングして、
“手を加えた感”を演出してみました。(汗)

そんな私に・・・

旦那 「明日の弁当は?」
私  「あれ?明日は休みでしょ?え?仕事???」
旦那 「違うよ、バカリ(←私のニックネームです)の。」
私  「自分のぶんだけ作るなんて面倒臭いから、いらないよ。」
旦那 「5プンで作れるのに・・・。」
私  「ご、5プンって・・・。(←旦那は時間の「分」を、すべて「プン」と言います。)
    いやいや、あんな簡単な弁当でも結構時間が掛かってるんだよ。」
旦那 「できるよ~。5プンだよ。」
私  「そんなことないよ~、材料そろえるだけで5分くらい簡単に掛かっちゃうよ。」
    それに時間ないし、面倒臭いじゃん。(←結局コレです。)」
旦那 「簡単だよ~。じゃあ、ボク作ってあげる。」
私  「いやいや、そんな気ないくせに・・・。」
旦那 「作るよ。持ってく???」
私  「いいよ、じゃあ作ってよ。」
旦那 「OK!」
私  「カレーはダメだよ。食べたくないから・・・。」
旦那 「知ってるよ。」
私  「ホントに、ホントに、今から作るの?」(←しつこい???)
旦那 「そうだよ。」

マージーでー???


そんなこんなで、
私が着替えをしている間に作ってくれたお弁当のメニューは、
焼いたウィンナー、冷凍コロッケ2種、そして卵焼き・・・のみ。
・・・って、私が旦那に作ってる手抜きなお弁当メニューそのまんまじゃん。(笑)

しかも、卵焼きなんてわざわざ刻みネギが入れてあって
さらに、ちゃんとそれらしく巻いてあるんですよ。
スゴーい!
いつも後ろから見てるだけなのに、やればできるんですね~。
感心しました。
てか、私が作るお弁当にあまりにも丸写しで、何だか恥ずかしいですね。(照)
もっと良いものを作らねば・・・。

せっかくなので記念に!と携帯でお弁当の写真を撮ったつもりだったのですが、
保存するのを忘れたみたいです・・・残念。

今日のお昼、職場のみんなにも
「スゲーッ!」(←オトコ所帯な職場なので)なんて言われちゃったりして、かなりホクホク♪

愛妻弁当ならぬ『愛夫弁当』・・・ちょっと嬉しいカモ。(笑)

コーヒー カネ?

コーヒー カネ?
ネパール語で「コーヒー飲む?」と、ちょっとフランクな言い方です。


先日、旦那の会社のブラジル人の同僚にコーヒー(レギュラー)をいただきました。
本場(?)ブラジル産のコーヒーです。

おぉ~、私も旦那もコーヒー大好き♪

旦那は来日するまでほとんどコーヒーなんて飲んだことがないと思います。
てか、たぶん、ちゃんとしたコーヒー自体、飲んだことがないのでは・・・?
ネパールでは「チヤ」と呼ばれるミルク・ティを飲むのが主流ですし、
当時、外国人観光客や中流階級層の行くような「カフェ」ではなく、
ネパール一般庶民が通う「茶店」などで出てくるコーヒーと言ったら
通称「ネスカフェ」と言って、薄くて甘くて不味いインスタント・コーヒーだけでした。
いやいや、ホントに不味いんですってばッ!

そんななので、来日当初旦那が何とか飲めたコーヒーは「コーヒー牛乳」のみ。(笑)
それから甘~い「カフェ・オレ」になり、砂糖の量がだんだん減り、
さらにミルクの量も徐々に減り、今ではほぼブラック(砂糖ちょびっと入り)で飲めるようになりました。
それも「朝、1杯コーヒー飲まないと1日が始まらない。」と、のたまうほど。(笑)

そうそう、以前こんなことがありました。
ある時、そんな成長した(?)旦那を見た幼馴染の留学生ネパ友から
「日本人の奥さん貰って、日本に住んだら、(ブラックの)コーヒーまで飲めるようになったんだね。」
と、からかうよに言われたらしく、かなりショックを受けたのだそうな。
でも、旦那が言うには
「彼だって居酒屋に行った時、ひとりで刺身を頼んで美味しい美味しいって食べてたよ。
ボクだって生なんて食べられないのに・・・。」って、密かに反撃してました。(笑)
まぁ、どっちもどっち・・・ですよね。

私もコーヒーが大好きで、ほぼ毎日飲んでいます。
以前は父親の影響でレギュラー・コーヒーを飲んでいたのですが、
ここ何年かはもっぱら「1杯19円から」でお馴染みのドリップ・コーヒーです。
そのせいで、ずっと使ってなかったコーヒー・メーカーを
先日、思い切って捨ててしまったばかり・・・。
(私の整理整頓スタイルは、基本「捨ててスッキリ♪」タイプ。)
あぁ~、なんてタイミングの悪い・・・。

まぁ、どちらにしても以前使ってたコーヒー・メーカーはかなり古くて、
肝心なところが洗えない・・・と、使い勝手が悪かったので、
また思い切って新しいのを買っちゃいました♪(↓)
コーヒー
今度のはお手入れが簡単そうなので(しかもお値打ち)、
お手軽なドリップは一旦卒業して、またレギュラー・コーヒーを楽しみたいと思います。


・・・ところで、このコーヒーたち、美味いんだろうか?(笑)

台風18号と旦那の誕生日

いやぁ~凄かったですね、台風18号。

私たちの寝室があるのは、古い木造家屋である離れの2階。
もの凄い暴風雨で、めっちゃ揺れてました。
例えて言うなら、ずっと乱気流の中を飛ぶ飛行機のよう。
さずがに家自体や屋根が飛ばされるとは思いませんでしたが、
離れには雨戸が付いていないので飛来物が窓を直撃しやしないかと、
もうヒヤヒヤのドキドキ。
おかげで私は怖くて一睡もできませんでした。
旦那も夜中の3時ごろまでは揺れと音が気になって起きてたみたいですが、
やはり眠気には勝てなかったようで、その後、朝まで爆睡してました。

そんな我が家ですが、居住家屋は何も問題ありませんでしたが、
古い木造の倉庫たちは壁の板が剥がれたり、瓦が5・6枚飛んだり、
庭では大きな木の太い枝が折れてぶら下ってたり、
どうやって飛んで来たのか、よそのお宅の倉庫の大きな扉が裏庭に横たわってました。

しかも深夜3時ごろから停電になり、
ようやく電気が復旧したのは昨日の夕方の17時ごろだったそうです。
私が現在通勤に使っている自動車ディーラーからの代車がガレージに入れてあったのですが、
停電のためガレージの電動シャッターが開かず、朝、出勤するときに焦りました。
旦那が我が家の台風の爪跡の片付けのために休みを取ってくれたので、
外に置いてあった私の車で通勤しました。

そんなこんなで、
せっかく行った会社も停電に加えて電話も使えず、
昨日はさっぱり仕事にならず・・・。
あ~ぁ、こんなことなら私も休んじゃえばよかった。(笑)



そんな台風がやって来た10月7日は、旦那の誕生日でした。
これ(↓)は当日のネパリ飯ディナーです。
ネパリ飯
下から
ククラコ マス(鶏肉のカレー)
アル・カウリ(ジャガイモとカリフラワーのカレー)
チャナ(ひよこ豆のカレー)
そして、前日に急遽予約したバースデー・ケーキです。

ネパリ飯
ご飯はちょっと奮発して、インドのバスマティ米を炊いてみました。
日本のお米とはまた違った良い香りで、
ご飯のパサパサ加減がネパリ飯(カレー)に良く合うんですよね~。

そんなお誕生日な旦那に
ウチの母からは6本入りの350ml缶ビールと(なぜか)現金5000円を、
私からはチェックのシャツ2枚とダウンのベストをプレゼントしました。
これで、ちょっとは良い誕生日になったかな?
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。