スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大根」の季節

あぁ~、またこの季節がやってきました。
葉っぱ付き大根
・・・大根です。(昨年の様子はこちら参照)

今回の立派な葉っぱ付き大根は、農家に嫁いだ母の姉(私の叔母)からのいただきもの。
毎年毎年非常に助かるのですが、実はちょっと納得のいかないところが・・・。

実はこの母の姉、大根の苗を植え付ける時期に、
我が家の家庭菜園分として、かなりの数の大根の苗を母に分けてくれているのです。
それをウチの母が、仕事の合間を縫って世話をしているのですが、
たぶん、これも同時期に植えたものだと思われるので、
我が家の家庭菜園の大根も、もう食べ頃なのではないか?と思うのです。
(私は畑にはほとんど近づかないので、確認はしていませんが・・・。)
なのに、さらに収穫した大根を持ってくる・・・とは、どゆこと?

まぁ、大根に限らず他の野菜も同じなんです。
しかも、同じ苗でもプロが作るのと素人が作るのでは、
出来栄え(見た目も味も)に格段の差があるワケですよ。
やっぱり土とか肥料とか、あと手間の掛け方が違うんでしょうね。
そりゃあ、何てったってアナタ、プロですもの。

で、当然、いただいた方を優先的に食べてしまうワケで、
それだと、我が家のものは後回しになり、
やがて花が咲いてしまってたり、しおれてたりして、
大半が食べずに終わってしまうことも多々あったり・・・。

ご近所さんに配るにも、田舎な我が家の近所は農家さんばかり。
きっと昔の人は大根なら切り干し大根やたくあんなど保存食にしたのでしょうが、
私にはそんな技術もなく、てか、作ったところで旦那も食べないし・・・。
あぁ、もったいない。

そういえば、最近ブログを通していただいたメールに、
“(日本に住んでいる)ネパリ女性たちが、ベランダに大根の葉っぱを干している”
と、書かれているものがありました。
たぶん「グンドゥルック」というネパールの保存食を作るのではないかと思われます。
へぇ~、ネパールから遠く離れた日本でも作ってるんですね。
何か微笑ましい光景ですよね~。

ネパールの我が家でもアマ(=お母さん)がグンドゥルックを作るのだそうですが、
旦那は作り方を知らないのだそうです。
まぁ、知ってたところで私は作りませんけどね。(←ネパリの嫁、失格)

ちなみに、これ(↓)がそのグンドゥルック。
グンドゥルック
何かちょっと臭いです。
酸っぱ臭い・・・って感じ。(笑)
10分くらい水で戻してから調理します。


とりあえず、
この2本の大根・・・葉っぱは「菜飯」に、
大根は旦那の大好きな「ブリ大根」とカレー(ネパリ飯)にしようと思いま~す。
スポンサーサイト

イタリアン・トマト♪

ひゃっほう~♪
職場の方のご親戚から大量のイタリアン・トマトをいただきました。
まぁ~、毎年毎年ホントにありがたいです。

イタリアン・トマト

このイタリアン・トマトちゃん、見た目は縦に長い楕円形で、
生で食べるのではなく、主にトマト・ソースなどに加工して使うのだそう。

この辺のスーパーでイタリアン・トマトなんて見かけないと思っていたら
案の定、これは業者さんへ卸すために作っているらしいです。
レストランで使われたり、加工用になるのかな?


我が家では、いつもこれを全部トマト・ソースにしちゃいます。
このトマトのお尻(下の部分)に十字に切り込みを入れ
ささっと熱湯に湯通しします。
そうすると、切り込みの部分からベロンと皮が剥けてくるので
そこから全部の皮を剥ぎ取ります。

お鍋にオリーブオイルを熱し(ニンニクを一緒に炒めても可)
皮を剥いだイタリアン・トマトをそのままドバッと入れます。
(コンソメの素やローリエ、塩、コショウなどを入れても良し!)
後は、たまにヘラで混ぜながら、ひたすら煮込むのみ。
水を足す必要もありません。

これだけで、立派なトマト・ソースの出来上がりです。


さてさて、これら全部を一気にトマト・ソースに変身させるべく、
棚の奥から大鍋を引っぱり出すとしましょうか・・・。

新米2009!

今年収穫された新米が、本日ようやく我が家に届きました~♪

新米2009
※この写真、レイアウトが昨年とまったく同じですが、間違いなくさっき撮った今年のものです。(笑)

いやぁ~、惜しいッ。
待ってたんですよ~、この日を。
ちょうど先週、昨年いただいたお米が終了してしまって
仕方なくスーパーに買いに走ったばかりだったんです。

もちろん昨年同様(こちら参照)、職場の方の知り合いの地元農家さんのお米です。
こうやって美味しいお米を分けていただけるのって、ホントありがたいですよね~。
今年も懲りずに1袋30キロ入りのお米を6袋購入しました。
昨年の実績から換算した結果、旦那と2人で1袋(30キロ)を2ヶ月で食べる計算です。

ちなみに昨年のお米は10月末に6袋購入し、1袋は友人におすそ分けし、
あとの5袋を旦那がネパールへの里帰りからから帰国した12月中旬から食べ始めて、
先月末にキッチリ食い尽くしました。

我が家(てか、旦那)は基本的に米食で、
(旦那は特に夕食はご飯を食べないと、食べた気がしないのだそう。)
パンや麺類を家ではめったに食べません。
その分、小麦粉系は私の手作りお菓子や、たまの外食で補っているという感じです。
おかずも「ご飯がすすむ」おかずが基本だし、カレー率も高いし、
そもそも外食もめったにしなくなったので、そりゃあ米の消費量も増えますよね。

とりあえず、
主食のお米を1年分確保したということで、我が家の食料は安泰です。
(たとえ食に困っても「米」さえあれば、何とかなるッ!)

いただきもの10

本日のいただきものです。

いただきもの

メロン4つ、スイカ1つ、右下に暗~く写っているのは苺ジャムです。

メロンとスイカは、職場の方のお知り合いから分けていただきました。
今年初です。
もう、そんな時期なんですね~。

ジャムは職場の隣の席のオジさんにいただきました。
それも、なんとご本人のお手製なんです。
知り合いから苺をたくさん貰ったんだけど
全部食べ切れないから残りをジャムにしてみたのだそうです。
苺の甘味を生かすために砂糖(グラニュー糖)は控えめにしてあるのだとか。
すごーい!かなり本格的です。
普段からお休みの日には料理を作ったり、パンを焼いたり、うどんを打ったりもするのだそうですよ。

5月から新入社員が我が部署にも2名配属されたことから職場内で席替えがあり、
それまでは若い社員に囲まれた(ウハウハ♪な)末席方面だったのですが、
今は(本物の)加齢臭漂う上座方面に移動になってしまったんです。
末席方面にはプリンターやコピー機、シュレッダーなどが置いてあるし、
何よりボスの席から遠いので(?)、私的にはすごく便利な席だったのに・・・。(笑)
最近は経験豊富で趣味多彩なオジさんたちとのおしゃべりを楽しんでます♪

いただきもの9

やっぱり“旬”のものって続くんですよね~。

またもや、いただいちゃいました。
てか、また玄関の内側に勝手に置いてありました、筍ちゃんが。
たけのこ
今度は先日(こちら参照)のよりもちょっと小ぶりですが、4本もいただきました。
ありがたいことです。

先日いただいた大ぶりな3本は、レシピを検索するまでもなく
筍ご飯、筍のお吸い物、筑前煮などなどですぐにペロリと食い尽くしてしまいました。
たけのこ料理
これ(↑)は前日作った筍ご飯、筍のお吸い物、ひじきの煮物(筍入り)です。

本当は“おかか”をたっぷり使った「土佐煮」が食べたいんですけど、
残念ながら旦那はおかかがダメ。
口の中でおかかが張り付く感じが嫌なんですって。
あのおかかが美味しいのにぃ~。

ちなみに、同じく口の中で張り付く感のある海苔もダメな旦那。
ほのかな磯の香りも気になるのだとか。
海苔巻やおにぎり、磯辺揚げも食べません。
美味しいのにぃ~。

あぁ~、せっかく日本人と結婚して日本にいるのに損なヤツです。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。