スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予約完了ッ!

お正月休みのお出かけの予約が完了しました。

普段、お休みがすれ違いまくっている私たち夫婦の
今回の連休中のお休みが合う日はなんと5日!
5日もですよ、5日。
ひゃっほうぅ~♪です。

嬉しさのあまり、5日全部に予定を入れてしまいました。(笑)
その内訳は、「1泊2日」が2回と「日帰り」が1回。
(まぁ、「日帰り」は普通に初詣とお墓参りですが・・・。)
本当ならばのんび~り4泊5日、いやいや、せめて2泊3日とかが良いのですが、
我が家には5匹の愛猫がいるので、残念ながら連泊はできません。
何日も猫だけを置いてきぼりにするワケにはいきませんもの。
こればかりは仕方ありません。

2回の「1泊2日」の旅行のうちの1回は
実はもうかれこれ4ヶ月前くらいにすでに予約済みでして、
(確か予約したのは夏休みの旅行の直後だったかな?)
今回はもうこの1泊だけでいいかな?とも思ったのですが、
何とな~く物足りなさを感じていたところに、
近場ですごく良さ気なところを思い出したんですね~。

しかも、今さら予約なんて可能なの?と思いきや、
なんと幸運にも「1部屋だけ空室がありますよ。」って。
もう、速攻で「じゃあ、お願いします!」で、即決です。

もちろん旦那には事後報告。
(って、今の地点ではまだ報告してないけれど・・・。)
旦那は基本的に「何でもいい。」ヒトなので、
仕切り屋で計画を立てるのが大好き♪な私的には非常に助かります。

かなりハードな連休になりそうだけど、
旦那と一緒な貴重な連休、思いっきり楽しまなきゃ!

あぁ~、年末が待ち遠しいッ♪
スポンサーサイト

ネパリとフレンチ・ディナー

えぇ~っと・・・
オチを先に言っちゃうと、結局は「行かなかった」んですけどね。
てか、「行けなかった」・・・と言ったほうが正しいかな。


先月末の日曜日、
旦那が通いつめているカレー屋の常連客である日本人男性(以下「M」さん)に
オサレ~なカフェに連れて行ってもらったのだそうです。
そのカフェ、オーナーがかなりこだわりを持って営業していらっしゃるらしく、
コーヒーがとっても美味しいのだそう。
Mさんはいつも奥様とカフェ(喫茶店?)巡りをされているらしく、
そのカフェにもよくいらっしゃるとのこと。
そんなMさんが帰り際、
「良かったら、今度は奥さん(=私)を連れてってあげなよ。」と、
レジの横に置いてあったお店のパンフレットを旦那に持たせたらしいのです。

で、さっそくそのパンフレットを見せてもらったのですが、
確かにロケーションも良くてお洒落なカフェです。
ご自慢のコーヒーと一緒に写っているケーキも
センス良く盛り付けられていてとっても美味しそう♪
オーナーのこだわりが伝わってきます。
ただ、家からちょっと遠いし、何しろ私と旦那は休みが違うので
カフェな時間に一緒に行くのは絶対に無理。
・・・チーン。(泣)

ふとパンフレットの裏面を見ると「フレンチ」の文字が・・・。
どうやらこのカフェ、同じ敷地内にフレンチのお店もやってるらしい。

私  「へぇ~、フランス料理だって・・・。
    こっちならディナーの時間にいけるじゃない?」(←ちょっと言ってみただけ)
旦那 「じゃあ、今度、給料出たらね。」(←こんな時のお決まりのセリフ)

で、この話は終わったものだと思っていました。
そしたら先日の給料日に・・・

旦那 「フランス料理の店の場所、チェックしておいてよ。
     ボク、地図分からないから。」
私  「え?」(←そんな話、スッカリ忘れてた・・・)
旦那 「この前、フランス料理食べに連れて行くって言ったじゃない?」
私  「ああ、アレ。ホントに連れてってくれるの???」
旦那 「そうだよ。」
私  「だって、セレブの食べる(?)、あのフランス料理だよ。
    超高いよ。」(←やだね~、ビンボー人は)
旦那 「知ってるよ。たまにはいいじゃない?」(←おぉ~、太っ腹!)
私  「じゃあ、先に予約しておいた方がいいんじゃない?
    ボカ(旦那のこと)、食べられないものがたくさんあるから先にチェックしておかなきゃ。」
    (↑牛肉、生モノ、貝、イカ、タコなどは食べられません)
旦那 「え~、いいよ~、予約なんて・・・。
     メニューの中から食べられるものを探すから大丈夫。」
私  「そう?いいならいいけど・・・。」

で、当日の昨日、旦那は予約はいらないって言ったけど、
遥々出掛けておいてもしも「満席」だったらショックなので、
出かける直前にこっそりお店に電話をしてみました。
すると「本日はあいにく満席でして・・・。」・・・チーン。(泣)

おフランス料理だと思って、いつもよりちょっとお洒落したのに・・・。
昨日は朝からこれだけを楽しみに、お仕事を頑張り、胃袋を調整して来たのに・・・。

そんなこんなで、
フレンチ・ディナーは来月に延期・・・ということで話はまとまり、
昨夜はネパ友のカレー屋に行ってきました。
週2~3回はカレーな我が家。
またカレーかよッ!(笑)

ダサイン・パーティ♪

旦那のネパ友からダサイン・パーティのお誘いをいただいたので
夫婦で行ってきました。
お店のイベントの一環としてのパーティは旦那は行ったことがあるのですが、
個人的なパーティに伺うのは初めてでした。

このネパ友、
いつもこのブログに登場している今旦那が一番良くしてもらっているカレー屋経営のネパリで、
今のところ私から見ても一番信用のおけるネパリです。
彼は来日してもう20年以上経つだけあって、
いつまでも在日ネパール人社会に浸かることなく
日本社会にしっかり根を張って頑張っています。
そんななので、ネパールのダサイン・パーティなのに
招待客の中のネパリは旦那のみ。
他のネパリはネパ友と、カレー屋の従業員とその家族のみ。
あとは日本人と毎度お馴染みのブラジル人たち。
おかげで、ブラジル人の知り合いが増えました。

私もネパリの嫁の1人として場を盛り上げるべく(?)
クルタ・スルワール(以下「クルタ」)という民族衣装で参加しました。
これはワンピース、パンツ、ショールの3点セットの衣装です。
これがまた大変で・・・。

約6年前、ネパール長期滞在から日本に帰国して以来、
ネパールで激痩せしたリバウンドから、みるみる太っていった私。
そんなネパール長期滞在真っ只中に買ったクルタは
どうにかこうにか着ることはできたものの、上のワンピースがパッツパツ。(笑)

別にネパールでダイエットしたワケじゃあないんですよ。(汗)
ずっと徒歩生活だったのと、ネパールの食べ物が合わなかったせいで
自然と痩せちゃっただけなんです。
なのにリバウンドって・・・。(泣)
もう着るのに一苦労で、旦那にも手伝ってもらいました。
そんな苦労の甲斐あって、私のクルタ姿は大好評でした。

とは反対に、非常に残念だったのが
あまりにもクルタがパツパツ過ぎて、お料理があまり食べられなかったということ。
もうホント、それだけが悔やまれます。
まぁ、デザートだけはしっかり食べてきましたけどね。(笑)

来年ももしこーゆう機会があったら、今度は是非サリーに挑戦したいなぁ。

キャンプにプチ参加

13日の夜と14日の夜、旦那のネパ友に誘われて
彼らが川原でやっているキャンプにプチ参加してきました。

そのネパ友が主催しているキャンプなので、またネパリの集まりなのかと思いきや、
ネパ友以外は全員ブラジル人だったのでビックリ。
ネパリの旦那を持ってしまったおかげで、ネパールはもちろん、
この日本でもネパリに囲まれる機会(大勢のネパリの中に、日本人の私1人)が多く、
ようやくそんな状況にも慣れてきたと思ったら、
今度はブラジル人に囲まれることになるとは・・・。
メンバー構成は日本人1人(私)、ネパール人2人(旦那+ネパ友)、
あとはブラジル人10人くらい。
皆さん、日本語がペラペラで非常に助かりました。(汗)

この地域はブラジル人が多く、何となく噂には聞いたことがありましたが、
彼らのキャンプは日本人がやるキャンプとは、ちょっと規模が違います。
まず、なぜか電化製品が充実してるんです。
テレビ、DVDプレーヤー、炊飯器、冷蔵庫(大きめな2ドア)などなど・・・。
もちろんその裏には発電機が頑張って活躍しておりました。

子供たちは川原でワイワイ遊び、
女性たちはDVD(それも「花より団子」)を見ながらおしゃべり、
(ブラジル人女性たちにも松潤は大人気で、出てくる度に「カッコイイ~♪」の連発でした。)
男性たちはビールを飲みながらトランプしたり、釣りをしたり。
そんな感じで3泊4日ほど過ごすのだそうです。(滞在期間長ッ!)

そんな彼らの主食は「肉」。
牛、豚、鶏、いのしし、鹿。
ペラペラのスライスじゃなくて、すべてがドカーンと塊だったり骨付きだったり。
しかもこの味付けがまた最高なんです。
お肉の味を最大限に引き出すブラジル製の特製スパイスと塩コショウ。
そのまま食べるも良し、パンに野菜と挟んでサンドイッチにするも良し。

朝から炭火が絶えずにいい感じに保たれていて、
各々、小腹が空くと肉の塊を取り出してきては焼いて食べてるみたい。
みんな揃って「さぁ、ご飯!」って感じじゃなさそう。
スケジュールがあえて何もないので、こう、各々が緩~く楽しんでる感じ。

そうそう、朝は大音量の音楽で踊ってるらしいですよ。
さすが南米、ブラジル!

今回は私が仕事だったので(旦那は「外では寝たくない。」ってショボいこと言うし)
2日間に渡って夜の部(20時頃から深夜まで)だけお邪魔しましたが、
こんなに楽しくて美味しい(?)のなら、来年は私たち夫婦もテント持参で参加したいなぁ。
(ってことは、私は川原のテントから会社に通勤か???)

これは要検討・・・ですな。(笑)

キャンプ

那智勝浦に行ってきました~♪

8月10日からあの台風接近の中、
旦那と和歌山県の那智勝浦温泉に1泊で行ってきました。

この愛知県から和歌山県南部に向かうのは無謀かと思ったのですが、
(まさに台風の通り道?)
ところどころ前が見えないほどの大雨だったり、
2~3キロの渋滞が2箇所ほどありましたが、
結構すんなり、てか、予定より早めに到着してしまいました。

那智勝浦温泉に来るのは、私はこれで3回目。
海に囲まれた素晴らしいロケーションはもちろんのこと
何と言っても硫黄臭ムンムンな源泉掛け流しのお湯が魅力なんです。
そんな温泉を海のない国ネパールからやって来た旦那にも
どうしても味わって欲しくて決めました。

で、今回お世話になったのは「ホテル浦島」さん。
6箇所もの湯巡りができるのが魅力だったのと、
お料理にバイキング・プランがあったことが決め手でした。
生モノ(野菜・肉・魚)、タコ、イカ、貝などが食べられない旦那は
旅館で出てくる宴会メニューではかわいそうなので・・・。
(結局は、それが裏目に出てしまいましたが・・・。)

そんな食事(バイキング)は思ってたよりもダメでした。
メインの夕食はお寿司、お刺身、天ぷら、フライ、サラダ、デザート、フルーツ、ご飯、汁物。
結局、旦那が食べたものは天ぷら、フライ、フルーツ、ご飯のみ。
(旦那にとって)メイン・デッシュであるフライについては冷凍食品を駆使した感じで、
しかも冷めてて固かったり、モサモサ・パサパサだったり。
とりあえず何とかお腹は満たしましたが、やっぱり旦那は「不味いね。」って言ってました。(笑)
私もそう思います。(笑)
そうとなったら、今度は素泊まりで外食するしかないのかな?

でも、温泉は素晴らしかったです。
何しろ6箇所も湯巡りが楽しめるので、
私は、着いてすぐ、夕食前、夕食後、寝る前、朝食前と、5回(5ヶ所)も、
旦那は私に無理やり連れられて、夕食前、夕食後、朝食前と3回(3ヶ所)も満喫しました。

露天の岩風呂なんて台風のおかげ(?)で波がザブンザブン掛かって来て
これはこれで良かったり・・・。
いやぁ~、やっぱり温泉はいいですね~。

そうそう、翌日の朝、TVを付けてビックリ。
静岡県であんなに大きな地震があったなんて・・・。
お隣の愛知県の我が家でも結構揺れたみたいです。
和歌山県にいた私たちはまさかそんなことになっているとはつゆ知らず、
気持ちよ~く爆睡してました。
帰りの高速の渋滞具合がちょっと心配でしたが、
これも幸い問題なく順調に帰路に着くことができました。

台風の心配に始まり、地震の心配で終わった・・・という、
自然災害にドキドキ・ハラハラさせられる旅になってしまいました。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。