スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、嬉しかったこと

昨夜は旦那の大好きな「K-1」が放映されるというので、
前々からそれを心待ちにしていた旦那のために
早めにお風呂を入れたり、夕食を作ったり・・・と、
いつものように最初からバッチリ観戦できるように準備をしていました。

旦那が仕事から帰宅するなり
何かを確認するかのように冷蔵庫を開けて、閉めました。
まぁ、こんなことはよくあることなのであまり気にも留めなかったのですが、
早めの夕食を取っているときに・・・

私  「あ、忘れた・・・。」
旦那 「何?」
私  「家に帰る途中でボカ(←旦那のこと)のためにビールを買ってこようと思ってたんだよね~。
    会社を出るまでは覚えてたんだけど、家に帰るまでに忘れちゃった。」
    (↑ちょっとでも気持ちよくK-1観戦をしていただこうと思ったのですが・・・。)
旦那 「ボクもバカリ(←私のこと)が今日は絶対にビールを買ってきてくれると思って
    帰ったらすぐに冷蔵庫をチェックしたんだよ。」
私  「え?そうなの???」
旦那 「そうだよ~。でも、なかったからガッカリした。」
私  「あぁ~、ごめんごめん。ガッカリさせちゃったね~。ホント、コロッと忘れてた。
    ん?てか、何で今日、私がビール買ってくるって分かったの?」
旦那 「分かるよ~。バカリの考えることはだいたい分かるよ。」

この旦那の何気ない一言(↑)、かなり嬉しかったです。

今までそんなこと全然気にしたこともなかったのですが、
ウチの旦那、私のことをよく分かってるんだな~って思って。
他の人からしたら、夫婦ならごく普通な当たり前のことと思うかもしれませんね。

でも、私はちょっと考え方がちょっとひねくれてて、
今まで、家族や親友であろうと、私とは別の個人なのだから、
他の誰にも私のことは分からないし、私も他の人の考えは分からない・・・であろう、
と思っていました。
もちろん、相手のことを「分かる」と思うことはありますが、
本当に分かっているかどうかは本人ではない私には実際分からないワケですし・・・。
それは旦那に関しても然り。

こんなこと言っちゃったら寂しい感じがするかもしれませんが、
私はそれはそれで(実際は分からなくても)仕方がないことだし、
それで良いと思っていました。
てか、今も思ってます。
要は、分かってるかどうかが大事なのではなくて、
分かろう(分かり合おう)としているかどうかが大事だって思っているのです。
(↑この説明分かります?)

・・・が、
これがまた旦那は私のことを結構「分かっている」ようなんですよ。
それは普段の何気ない会話や行動から感じることができます。
まぁ、夫婦だし、一緒に暮らしているのだし(しかもほぼ2人暮らし)
私の思考や行動パターンがだんだん分かってくるのかもしれません。
当たり前と言ったら当たり前なのかもしれません。
すみません、上手く説明できなくて・・・。(笑)

で、結局、何が嬉しかったのかと言うと、
それについて「バカリの考えることはだいたい分かる。」と
あの旦那が初めて口にしたことなのです。
旦那はそういうことに関してはあまりにも正直過ぎて、
適当に上手いことを言うことができないヒトです。
なので、よく言いがちな「(私のことを)幸せにする。」など、
自分にできるかどうか分からないことは言ったことがありません。

結婚する前、旦那に
「ボカは私に“幸せにする”とか一度も言ったことないねぇ。そういうこと言わないの?」
と聞いたことがあります。
そしたら旦那は何て言ったと思います?
「そうしたいと思ってるけど、できるかどうか分からないでしょ?だから言えない。」って、
いとも普通に言ったのです。(笑)

他の人なら「まぁ、何て不誠実な!そんな気持ちで私と結婚するの?」と、
怒るところかもしれません。
が、私は普通に「そりゃそうだ。」と、ミョ~に納得してしまったのです。
それどことか、逆にそんな言葉にこそ誠実さを感じたんですよね。
その代わり、旦那は言葉に出さない分、行動でしっかり示してくれているので、
その思いは私にキチンと伝わっています。

そんな旦那の思わぬ「分かる」発言にすごく重みを感じたのです。
しかも、「だいたい分かる」の“だいたい”ってところが
いかにも旦那らしいじゃないですか。
これが“全部”とか“何でも”何て言った日には、
ひねくれモノの私的には「いったい私の何が分かるの?」ってなっちゃいますもの。
さすが、我が旦那!です。

うぅ~ん、今日のブログの内容は分かりづらいですね。
これ以上上手く表現できません・・・すみません。(汗)
スポンサーサイト

初めての健康診断

私のお次は旦那です。

昨日、旦那の会社の健康診断がありました。
旦那にとって、たぶん生まれて初めての健康診断です。
(前回はネパールに里帰りしていたし、
その前は何だかんだタイミングが合わなくって受けることができなかたのです。)

健康診断の前日である一昨日・・・

私  「会社の人に明日の健康診断の説明聞いた?」
旦那 「ううん。紙くれたから、それ奥さんに読んでもらって・・・って。」
私  「ふ~ん。」(←ニヤリ)
旦那 「何で?」
私  「ううん、別に。(←ぐふッ♪)
    そうそう、明日の健康診断のために新しいパンツとシャツ用意したからね。」
旦那 「ありがとさま。(←これはウチの母仕込みのお礼の言葉です)
     新しいのじゃなくても、綺麗なのがあるのに・・・。」
私  「だって、正しい体重を計るために服全部脱がなくちゃいけないから(←んなワケねーだろッ!)
    新しい下着のほうがいいじゃない?」
旦那 「え?
     それはウソだ。裸にはならないよ。」
私  「ははは・・・分かっちゃった?」
旦那 「分かるよ。」
私  「そっか、バレちゃったか・・・。
    まぁ、裸にはならないけど、体重はシャツとパンツだけになって計るんだよ。」(←これもウソで~す♪)
旦那 「ふ~ん。」(←お?コレは信じちゃったのかな?)

・・・って、小学校の身体測定じゃないんだから、
シャツとパンツだけってことはないでしょう・・・うっしっし。(笑)


で、当日の昨日、帰宅するなり・・・

旦那 「脱がなかったよ。」(←そりゃ、そうだ)
私  「知ってるよ。」
旦那 「・・・ボク、騙された。」(←ごめんね~)
私  「ごめん、ごめん。(笑)」(←密かに爆笑)

その後、「腕をゴムで縛ったら、すごい血管が出て・・・。」とか
「血、すごいいっぱい採ってたよ。3本も採ったよ。」とか、いろいろ報告してました。
ひぇぇぇ~、採血しているところをマジマジ見られるなんて、
アンタはスゴイッ!
私なんてずっと真逆見てますもの。

そうそう、視力検査のときにメガネを掛けようとメガネを開いたら
メガネがポキッと真ん中で折れちゃったのだそう。
・・・あらら。
てか、メガネってそんなに簡単に折れるもの???
看護婦さんたちも笑ってたらしいです。
そりゃそうだ。(笑)

そんなこんなで、
初めての健康診断はなかなか楽しかったようですよ。

冬は「日本酒」

これ(↓)は先週末、心配と迷惑をかけてしまった旦那への
お詫びと感謝の品です。
日本酒

お酒好きな旦那は、日本酒も大好き♪
(ビールが飲めない私は、若かりし頃は日本酒ばっかり飲んでたっけ・・・。)
夏は「ビール」、冬は「日本酒」が飲みたくなるのだそうです。
しかも、冬の日本酒は熱燗かと思いきや、なぜか冷酒。(笑)

ちょっとお財布に余裕があると、会社の帰りに近所の酒屋さんで
缶ビールやカップの日本酒を買って帰って来るんです。
だからすぐにお小遣いがなくなっちゃうんだよぅ・・・。(怒)

で、家に着くなりグビグビッと一杯。
これでその日1日の疲れがなくなるのだとか。
・・・もう、立派な日本のオヤジですね。


ちなみに昨夜旦那が選んで飲んだのは、左の「松竹梅」の方。
あまりお好みではなかったようです。
ごめんよぉ~。

ベジタブル・フライド・モモ♪

昨夜、いつものようにネパ友のカレー屋に出掛けた旦那が、
手土産を持って帰ってきました。

ジャジャーン!
ベジタブル・フライド・モモ
ちょっと見栄えは悪いですが、これはベジタブル・フライド・モモです。
モモというのはネパールの餃子のようなもので、
よくカジャ(=おやつ)など小腹が空いたときに食べます。

ネパールでモモと言ったら、普通中身はバフ(=水牛)なのですが、
私はネパールに限ってはプチ・ベジタリアンなので
(水牛だの山羊だのは食べたくないし、あの衛生状態を見たら肉類は食えません。)
野菜の入ったベジタブル・モモしか食べないのですが、
日本では肉食なだけに、これがまたな~んか味気ないんですよ。
が、この味気ないベジタブル・モモを油で揚げてもらうと・・・あら不思議!
(普通のモモはスチーム・モモと言って、蒸します。)
スペシャルなモモにグレード・アップしてしまうんですね~。
そんなこんなで、私がネパールで食べるモモは
決まってベジタブル・フライド・モモでした。

・・・が、このベジタブル・フライド・モモ、
この辺のカレー屋さんのメニューにはないんですよね~。
だいたい中身はチキンだったり、ポークだったり、
しかも予め大量に作りおきして冷凍保存しているお店がほとんど。
ネパ友のカレー屋も然り・・・です。
確かに、それでもまぁ美味しいけれど、裏事情(冷凍保存)を見ちゃうと
せっかくの美味しさも半減しちゃうんですよね。

たまたま先々週ネパ友のカレー屋で食事をしたとき、
他にお客さんがいなくてヒマそうだったので、
これはチャンス!とばかりに「ベジタブル・フライド・モモが食べたーい!」って言ってみたら、
メニューに載っていないのに、いとも簡単に「いいよ。」と、ネパ友が自ら作ってくれたんです。
これがまた美味しくって・・・。

いつも良くしてくれるこのネパ友には大変申し訳ないんだけれど、
この店のメニューもお味も、あんまり好みじゃないんです。
接客やら何やらも、どれも実はイマイチ。
やっぱり日本人の監修がない・・・ってのが原因かと。

でも、ネパ友が自らその場で作ってくれたベジタブル・フライド・モモは
マジで美味しい!
まさにネパールで食べた、あの味でした。
カレーとナンを1人前平らげたあとだったにもかかわらず、さらにペロリ。
私が珍しく「美味しい♪」を連発していたので、旦那もビックリしてたくらいです。

それを旦那は覚えていてくれて、
わざわざネパ友に頼んで作ってもらったみたいです。
ありがとー、とっても美味しかったです♪

誤魔化す・・・って

ウチの旦那は来日して以来、
外でいろんな日本人と関わることによって、たくさんの日本語を覚えてきます。
中でも1日の大半を過ごす職場で覚えてくる日本語は
日本人の私にとって大変面白く、楽しみなことの1つになっているくらい。
と共に、ちょっとビックリさせられることも多々あり、かなり興味深いです。

昨夜のこと・・・
夕食の準備をしていると、旦那が会社から帰宅してました。
いつものように、コンロに乗っているお鍋を覗き込み・・・

旦那 「あれ?これ、昨日の?」
私  「そう、昨日のお鍋が食べ切れなかったから、具を足してみたんだけど・・・」
旦那 「それで(おかずを1品)誤魔化した・・・。」(←ボソッと言うなー!)
私  「ご、誤魔化した・・・って。(焦)
    てか、その言葉、どこで覚えてきたの???初めて聞いたんだけど・・・。」
旦那 「前から、知ってるよ~。」
私  「ウソだ~。今まで1回も聞いたことないもん。
    何?会社で覚えてきたわけ?」
旦那 「(ネパールで)勉強した。」(←あくまでもシラを切るオトコ)
私  「本当は会社で覚えてきたのに、
    ネパールで勉強したといって誤魔化した・・・って使うんだよ。(笑)」(←ちょっと違うか)
旦那 「・・・。」(←勝った?)

それにしても、昨夜の残り物を有効に活用しただけなのに
それを「誤魔化した」だなんて、まったく失礼しちゃいますよね~。
全世界の堅実な(?)主婦を敵に回すような言葉は慎んでいただきたいものです。

てか、1品誤魔化す・・・って、お見通しなんですね。
旦那の言葉に正直焦りました。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
この度、ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」をこちらに(ビミョー?)に引っ越しました。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。